明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

原発訴訟の“ウラ側”から見えてくるもの

明治大学 専門職大学院 法務研究科 専任教授 瀬木 比呂志

今年(2016年)に入り、2つの原発差し止め訴訟で異なる裁判が出されました。ひとつは、3月に大津地裁で出された高浜原発3、4号機の運転差し止めの仮処分。もうひとつが、4月に福岡高裁宮崎支部で出された川内原発1、2号機の運転差し止め仮処分却下の決定です。両裁判所の決定の内容をみると、原発の新規制基準に対して真逆の判断をしていることがわかります。なぜ、このようなことが起こるのでしょう。

福島原発事故以前の判断枠組みをそのまま踏襲している裁判所

瀬木 比呂志 大津地裁の高浜原発差し止め仮処分では、基準地震動の策定方法に関する問題点や、地震に対する電源確保方法の脆弱性を指摘しています。新規制基準に適合していればそれでOKといった安易な考え方ではありません。それに対して川内原発の差し止め仮処分却下決定では、裁判所は原発の新規制基準への適合性を審査すれば良しという判断です。こうした判断は、2015年12月の大飯原発差し止め仮処分却下決定でもなされており、2011年の福島原発事故以前の最高裁判例の判断枠組みをそのまま踏襲しているといえます。私たち国民は、福島原発事故までは原発の安全神話を鵜呑みにさせられてきました。しかし、その安全神話が崩れたいま、国民の多くは、裁判所が客観的な第三者として原発の安全性を厳密に審査し、社会における危険制御機能を果たしてくれるものと期待しているはずです。そうした観点からすると、福島原発事故以前の判断枠組みをそのまま踏襲しているような裁判のあり方には、大きな疑問を感じます。

 逆に、高浜原発差し止め仮処分の決定を下した大津地裁は、福島原発事故の原因究明は「いまなお道半ば」と言及し、そういった状況で新規制基準を定めた国の原子力規制委員会の姿勢に「非常に不安を覚える」とし、基準地震動策定に関する問題点や、地震に対する電源確保方法の脆弱性を指摘するのみならず、使用済み燃料プールの冷却設備の危険性についても基本設計の範囲に含まれるとして、審査を行っています。福島原発事故後の司法判断のあり方として適切であるといえるでしょう。

社会・ライフの関連記事

SDGs時代のお墓のあり方とは?

2019.4.17

SDGs時代のお墓のあり方とは?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 菅野 博貢
人間らしい暮らしと仕事の創造者「協同組合」

2019.4.3

人間らしい暮らしと仕事の創造者「協同組合」

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 大高 研道
現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

2019.2.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 清水 有子
日本のスマホ料金が高いのはユーザーが寛容だから?

2019.1.23

日本のスマホ料金が高いのはユーザーが寛容だから?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 山部 俊文

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.04.17

SDGs時代のお墓のあり方とは?

2019.04.10

AIがビジネスのインフラになる

2019.04.03

人間らしい暮らしと仕事の創造者「協同組合」

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

2019.03.20

外国人労働者受け入れ拡大の成功には教育の力が必要!!

人気記事ランキング

1

2019.04.17

SDGs時代のお墓のあり方とは?

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2019.04.10

AIがビジネスのインフラになる

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2019.04.03

人間らしい暮らしと仕事の創造者「協同組合」

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム