明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

消費税は2017年の4月から税率10%に引き上げられる予定ですが、それにともなって軽減税率が導入される予定です。対象となるのは生鮮食品と加工食品で、税率は8%のまま据え置くといわれています。一般消費者としては2%分出費が減るのでうれしいことですが、軽減税率には実はもっと大きなメリットがあるといいます。

軽減税率に喜んでばかりはいられない

沼田 博幸 消費税に軽減税率を導入することにより、いままで単一税率だった日本も複数税率になります。新聞やテレビでは、世界各国の食料品の軽減税率や、なにを軽減税率の対象としているかが国によって異なることなどを盛んに報道していて、あたかも日本も世界のスタンダードに乗ったかのような印象を与えていますが、実は、現在では、複数税率にしない方が良いというのが世界の共通認識で、税率を一本化しようというのが潮流になっています。いままで単一税率だったのに複数税率にするのは、おそらく日本が世界で初めてです。単一税率の方が良い理由のひとつは、食料品とは何かを明確に定義するのはきわめて難しいからです。日本でも、一度線引きをしても、商品ごとに判断しなくてはならないなど、様々な実務的問題が起こるのは不可避です。

 軽減税率には、さらに大きな問題があります。税収の大幅な減少をもたらすことです。対策として、標準税率をさらに上げることが検討されるでしょう。欧州には、標準税率が27%という国もあります。日本の消費税率が今後どうなるのかもわかりません。

 では、軽減税率を導入するメリットはなにかといえば、消費税に対する逆進性のイメージが多少なりとも改善されることです。高所得者に比べ、低所得者は食料品が支出に占める割合が大きいので、軽減税率の恩恵が高いことは間違いありません。また、所得に関係なく、誰でも税は軽い方がうれしいのですから、食料品が軽減税率になることを歓迎する人は多いかもしれません。

 しかし軽減税率の導入は、もっと大きなメリットを生むきっかけとなりました。それは、インボイス方式という税算出方法の導入です。

社会・ライフの関連記事

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 南後 由和
音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.9.8

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
肥満をなくすことと肥満差別をなくすことは大きく意味が違う

2021.9.1

肥満をなくすことと肥満差別をなくすことは大きく意味が違う

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
人は植物と共に生きている、いや、人は植物に生かされている

2021.8.27

人は植物と共に生きている、いや、人は植物に生かされている

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人
パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.7.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江

新着記事

2021.10.20

日本のマンガは、日本の人々を多面的に写し出してきた鏡である

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

4

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

5

2014.12.01

【特別号】箱根駅伝優勝を夢見て ―競走部に懸けた20年間の奮闘の軌…

リレーコラム