明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

いのちを守り、生活を守る。 支援の心と、地震への備えを、いま。

中林 一樹 中林 一樹 明治大学 研究・知財戦略機構 研究推進員

家と家族を守るために、いまできること

中林 一樹 一方で、被災地以外に暮らす私たちに、いまできることは何でしょう。支援の心、ボランティア心(ごころ)を忘れないことは誰にでもできます。東日本大震災の被災地もようやく土木工事が終わったばかりですから、熊本にも東日本にも、さまざまな支援が必要です。小さなことかもしれませんが、野菜は熊本と福島産、魚は宮城と岩手産を選ぶといったように、現地に行かなくても同時に支援を行う方法はいくらでもあります。義援金や支援金も、どこにいてもできる支援の一つです。

 そのうえで、次に起きる地震を自らの問題として考え、備えることを期待します。首都圏も、30年以内に70%の確率で首都直下地震が発生すると言われています。首都圏だけではなく日本のどこに住んでいても、他人事ではなく、自分事として真剣にその備えを考えなければなりません。いまがそのときではないでしょうか。

 私たちのすべきことをひと言で言えば「被災者にならないための準備」です。最優先の課題は「家を一瞬で壊さないこと」。新耐震基準が施行(1981年)される以前の住宅は、自治体が無料で行っている耐震診断を受け、補強の必要があれば、自治体の助成制度などを活用して、耐震改修を行いましょう。マンションの場合は管理組合の合意が必要ですが、行政の支援はあります。地震で死傷しないためには、自宅を強くし、さらに家具を固定する、あるいは家具部屋をつくるなどして、我が家にも安全空間を確保することがポイントです。

社会・ライフの関連記事

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.8.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

  • 明治大学 専門職大学院 法務研究科 専任講師
  • 菊地 一樹
幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

2022.7.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 須田 努
原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.5.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

  • 明治大学 法学部 教授
  • 勝田 忠広
木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

2022.5.11

木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 連 勇太朗
サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

2022.4.22

サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 源 由理子

新着記事

2022.08.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事