明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

いのちを守り、生活を守る。 支援の心と、地震への備えを、いま。

中林 一樹 中林 一樹 明治大学 研究・知財戦略機構 研究推進員

「自助なくして共助なし」それを忘れないでください

 自宅が無事であれば、地震がおさまった後、帰宅して生活できます。ライフラインが止まっている可能性はありますが、調理を多めにつくり、一食ずつでも冷凍しておけば、それが災害備蓄になるのです。仮に避難所を利用するとしても、少しでも水や食料を持って避難すれば、行政が対応する時間がかせげます。毎日の食事を冷凍して確保し、消耗品などは少し余分に買って使うたびに買い増しすると、賞味期限切れになる心配がありません。こうして備えておけば避難所の食事の列に並ばずにすみ、どうしても自宅での生活が難しい人に、避難生活の場を譲ることができます。また、地域で顔見知りを増やしておくことも大事なことです。隣近所とあいさつを交わし『この人は、この地域の人だ』と認識しあうことが、防災・減災はもちろん、被災後の防犯にもつながります。

 災害時には「共助」の社会が求められます。しかし、自分や家族が被害を受けたり、ケガをしたりすれば、ほかを助ける余裕はなくなります。このことは企業でも同様です。BCP(事業継続計画)の重要性が言われていますが、会社で重要なポジションにいる人こそ、被害を受けてはいけません。一人ひとりが「自助」で備えることで、災害時に周りを助ける「共助」の手になれるのです。『自助なくして共助なし』そのことをいま一度、確認していただきたいと強く願います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.8.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

  • 明治大学 専門職大学院 法務研究科 専任講師
  • 菊地 一樹
幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

2022.7.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 須田 努
原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.5.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

  • 明治大学 法学部 教授
  • 勝田 忠広
木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

2022.5.11

木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 連 勇太朗
サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

2022.4.22

サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 源 由理子

新着記事

2022.08.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事