明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「コラーゲンが美肌に効く」にチョット待った!

石川 幹人 石川 幹人 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

コラーゲンを摂ると美肌になるという話を聞いたことはないでしょうか。さらに「コラーゲンは体内のタンパク質の約30%を占めており、組織の柔軟性を保つ役割を果しているが、加齢とともに減少していく」などといった科学的な説明が加わると、「美肌を維持するためにコラーゲンを摂らなくては」と思ってしまいます。しかし、そこには落とし穴があるのです。

「科学する心」から疑似科学が生まれる

石川 幹人 狩猟採集によって生きていた先史時代の昔から、人は体験される事象の中にパターンを見つけ出し、それを用いて将来を予測し、生活に役立ててきました。例えば、「花が咲き終わり、茎が枯れ、三昼夜して掘るとおいしいイモがとれる」といった具合です。試行錯誤や失敗を繰り返すうちに、規則的なパターンが確立し、確実な理論として使えるのです。これが科学という営みのはじまりです。

現代でも、新しい理論や、新しいテクノロジーが出てくると、本当に上手くいくのか多くの科学者が議論し、10年、20年かけて実験や検証を繰り返します。そして、間違いないだろうとなったときに初めて市民に向けて公表します。それが「確実な理論」を求める科学本来のあり方です。最近話題になった重力波も、アインシュタインがその存在を予言してから100年の間、様々な試行錯誤を繰り返し、ようやく初めて確実な観測に成功したのです。

ところが、検証が十分に行われていない段階で一般市民の間に情報が広まることがあります。一見、科学的な装いをしていますが、その正しさが十分に検証されていないものは「疑似科学」と呼ばれ、科学の範疇には入りません。

では、なぜ疑似科学が人に信じられ、社会に広まってしまうのか考えてみましょう。

社会・ライフの関連記事

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.7.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江
「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.6.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

  • 明治大学 法学部 特任教授(2021年3月退任)
  • 森際 康友
違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.6.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.6.9

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.6.2

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一

新着記事

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム