明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

石川 幹人

石川 幹人

明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

研究分野
認知科学、科学基礎論、科学技術社会論
研究テーマ
認知的錯覚や科学認識の研究、科学リテラシーの教育方法開発
【キーワード】疑似科学、科学コミュニケーション
主な著書・論文
  • 『心と認知の情報学~ロボットをつくる・人間を知る』(勁草書房・2006年)
  • 『だまされ上手が生き残る~入門! 進化心理学』(光文社新書・2010年)
  • 『人間とはどういう生物か~心・脳・意識のふしぎを解く』(ちくま新書・2012年)
  • 『超心理学~封印された超常現象の科学』(紀伊國屋書店・2012年)
  • 『入門・マインドサイエンスの思想~心の科学をめぐる現代哲学の論争』(共著・新曜社・2004年)

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.07.03

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.06.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.06.19

社会凝集力は偏見も生む。自分をもっと自由に解放してみよう!!

人気記事ランキング

1

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

3

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム