明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「コラーゲンが美肌に効く」にチョット待った!

石川 幹人 石川 幹人 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

科学者の“暴走”もある

石川 幹人 また、科学者の中には、研究の途中の段階で、その内容を一般市民に向けて発表する者がいます。本来、研究成果は科学の専門誌などに論文として発表し、世界中の研究者のさらなる検証を得ることが重要です。本人は自分の説に自信があり、一刻も早く発表したいという気持ちがあるのかもしれませんが、メディアなどには、それを大きく取上げ、話題にしようとするスクープ狙いの記者もいます。その結果、一般市民を惑わし、特定の業界に損害を与えることにもなりかねません。

最近、牛乳有害説がまことしやかに広がりました。それによる牛乳の売上げ低下や、日本の酪農業が受けた打撃は小さくありません。しかし、調査してみると、この説を展開する医師の理論は妥当に構築されたものではなく、理論を支持するデータも十分に得られていませんでした。科学的な検証がなされる前の理論が、あたかも科学的に明らかであるかのように広まるのは大きな問題です。

社会・ライフの関連記事

行動経済学によって人は自由になる? 従属的になる?

2021.4.21

行動経済学によって人は自由になる? 従属的になる?

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 後藤 晶
建築シミュレーションで安心と快適を見える化する

2021.3.3

建築シミュレーションで安心と快適を見える化する

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 樋山 恭助
なにを得るために個人の情報をやり取りするのか?

2021.2.3

なにを得るために個人の情報をやり取りするのか?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 福田 康典
動物の移動や行動がわかると、効果的な環境保全もわかってくる

2021.1.13

動物の移動や行動がわかると、効果的な環境保全もわかってくる

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任准教授
  • 山本 誉士

新着記事

2021.05.06

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

2021.04.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2021.04.26

様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

2021.04.22

異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

2021.04.21

行動経済学によって人は自由になる? 従属的になる?

人気記事ランキング

1

2021.04.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

リレーコラム