明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

人民元は国際通貨といえるのか ―求められる中国金融システムの強化―

明治大学 政治経済学部 教授 勝 悦子

成熟していない中国の金融制度

勝 悦子 近年、G7から新興国への世界経済の大きなレジームチェンジが起ころうとしていましたが、ここに来て、BRICsなどの成長著しかった新興国で様々な問題が露呈し、特にロシアやブラジルなどで経済の落込みが目立っています。なかでも中国の経済減速の世界経済への影響は大きく、国際経済にも大きな影響を与えることが懸念されています。昨年8月初めに起きた人民元の急落は世界同時株安をもたらし、今年に入ってからも人民元安、世界株安、そして質への逃避に伴う円高の示現、といった現象が起きています。IT技術の進展のもとで近年大きく金融のグローバル化が進みましたが、世界経済の相互依存性は一層高まっており、一国の政治経済上の変化が国際的に大きな影響をもたらす時代となっています。

 通貨の信認には最適な金融政策が重要となります。安定的成長のためには、ビジネスインフラである金融制度が強固であることが必要です。最近の状況を見ていると、新興国の金融制度は、法制度、会計制度、破産法制、プルーデンス政策などまだまだ多くの課題を抱えています。またコーポレートガバナンスも弱いと言えます。近年中国は通貨制度の柔軟化、金利自由化、対外取引規制の緩和など急激な市場化を進めましたが、一方で、急激な規制緩和をしたがゆえに国際資金フローのダイナミックな動きに翻弄されつつあります。さらに、地方政府債務をファイナンスしてきたシャドーバンキングの問題も含め、政府、企業、個人の債務は急増し、金融の不安定性が露呈されています。

 長い歴史の中で様々な危機を経験し、乗り越えてきた先進国ですが、グローバル化が進展するなか、国際的な金融ルールの策定も進んでいます。これらを学ぶことが、中国をはじめとした新興国には必要です。通貨の国際化を進めていく上でも、金融制度の強化がその責務を果たすことにつながるのです。その意味で、中国が世界の大学と連携し技術や知識を採り入れようとしていますが、金融経済においてもそうした動きがすすむことに期待しています。現在大学院の私の研究室にも多くの中国からの留学生たちがいますが、彼らは意欲的に学び、研究に勤しんでいます。

社会・ライフの関連記事

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

2020.5.27

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 藤井 陽一朗
自動運転を実用化するのは新しい技術と、私たちがつくる制度

2020.4.15

自動運転を実用化するのは新しい技術と、私たちがつくる制度

  • 明治大学 国際日本学部 専任講師
  • 田中 絵麻
所有者不明土地の解決策はサブスクリプションにある!?

2020.3.25

所有者不明土地の解決策はサブスクリプションにある!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 片野 洋平
幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

2020.3.18

幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 鈴木 秀彦
公文書の隠蔽や改ざん、忖度。防ぐのは我々のシビリティ

2020.2.26

公文書の隠蔽や改ざん、忖度。防ぐのは我々のシビリティ

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 西出 順郎

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム