明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

実用化が近づく自動運転車に、いま必要なこと

中山 幸二 中山 幸二 明治大学 専門職大学院 法務研究科 教授

ドライブレコーダーの搭載を必須に

中山 幸二 むしろ重要になってくるのは、事故原因を究明して、再発防止につなげることだと考えています。自動運転は安全に走ることを前提に開発が進められていますが、思いもしないトラブルや不具合を、いま行っている実験車ですべて明らかにすることは難しいでしょう。そこで、いま検討されているのがドライブレコーダーの搭載を必須にすることです。現在は、事故時にドライバーの主張証明として使われるケースが多いのですが、自動運転車においては、事故の記録映像が事故原因の究明に役立ち、再発防止につながると期待できます。また、レベル3の自動運転車においては、事故時に運転していたのが、人かシステムかの証明にも役立ちます。事故裁判の場合には、ドライブレコーダーの提出を義務づけることも必要になってくると考えられます。

 また、飛行機に搭載されているフライトレコーダーのように、車の走行状態をデータで残す装置も必要になってくるでしょう。現在でも、自己診断装置を搭載している車はありますが、メーカーや車種によって記録内容を異にするのではなく、基準化することが必要です。

 映像やデータで走行状態を記録する装置の搭載義務と開示義務を法制化することも、車の自動運転時代に向けての法整備の一環であると考えています。

世界基準となる法整備を目指して

 いま、世界各国が自動運転の実用化に向けてしのぎを削っています。実用化を実現するには技術開発に合わせて、その技術を社会にどう活かしていくのかを考えることが重要であり、そのための最良の法整備が、自動運転時代の世界基準となることでしょう。いま、世界最高水準の技術をもつ日本こそ、その技術を活かす法整備を推進すべき立場にあると考えています。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

2022.7.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 須田 努
原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.5.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

  • 明治大学 法学部 教授
  • 勝田 忠広
木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

2022.5.11

木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 連 勇太朗
サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

2022.4.22

サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 源 由理子
熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

2022.3.23

熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

  • 明治大学 名誉教授(元専門職大学院 法務研究科教授)
  • 高倉 成男

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

連載記事