明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

諸富 祥彦 諸富 祥彦 明治大学 文学部 教授

最近、うつ病が増えているといわれます。事実、厚生労働省の調査によると、気分障害患者数は1996年には43.3万人でしたが、2008年には104.1万人になっています。うつ病は自殺に至るケースもあります。自分にうつ病の疑いを感じたとき、どのように対処すれば良いのでしょうか。

早めに援助を求めることは立派な能力

諸富祥彦 私は、本学駿河台キャンパスのアカデミーコモンにある心理臨床センターで、センター長を務めています。当センターでは、一般の方々の心の健康に関する悩みや相談をお受けしていますが、最近、うつ状態になり、やる気が出ないというビジネスパーソンの相談が増えています。
 うつ病には様々な要因がありますが、まじめで責任感の強いタイプの方ほど罹りやすい傾向があります。このようなタイプの方は、仕事がうまくいかないときに、「自分が悪い」、「自分のせいだ」と思い、問題を一人で抱え込み、自分の力で何とかしようと頑張ります。自分の仕事は自分できちんとこなすもので、周囲に相談したり、助けを求めることは迷惑をかけることであり、無責任なことと思っているからです。その結果、一人が頑張れる限界を超えたり、ストレスに圧し潰されて仕事が続けられなくなり会社を辞めることになれば、それこそ会社に迷惑をかけ、自分の家族にも大迷惑をかけることになります。
 そうならないようにするにはどうすれば良いか。早めに病院の精神科などに相談に行くことです。精神科に行くことに抵抗があるのなら、当センターのような機関でカウンセリングを受けてください。要は、援助を求めることです。苦しいときに援助を求めることは恥ずかしいことではありません。むしろ、耐えきれなくなるまで一人で頑張ることの方が、結果として周囲や家族に迷惑をかけ、治療も長引いて自分も苦しみます。援助を求めないことの方が恥ずかしいのです。
 これを、Help Seekig、援助希求といいます。苦しいときに援助を求めることです。これは能力であると考えてください。援助希求ができる人ほど、自己管理能力が高いのです。

社会・ライフの関連記事

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.9.8

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
肥満をなくすことと肥満差別をなくすことは大きく意味が違う

2021.9.1

肥満をなくすことと肥満差別をなくすことは大きく意味が違う

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
人は植物と共に生きている、いや、人は植物に生かされている

2021.8.27

人は植物と共に生きている、いや、人は植物に生かされている

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人
パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.7.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江
「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.6.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

  • 明治大学 法学部 特任教授(2021年3月退任)
  • 森際 康友

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム