明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

諸富 祥彦 諸富 祥彦 明治大学 文学部 教授

自分の身を守るために自己チェックを

 では、自分がうつ状態にあると判断する3つの目安をご紹介します。
 まず、睡眠障害があるかどうか。睡眠障害には、入眠障害(ふとんに入ってもなかなか寝つけない)、中途覚醒(深夜に目が覚めてしまう)、早朝覚醒(朝早く目が覚めてしまう)の3つの状態があります。要は、熟眠できないということ。仕事をミスして睡眠障害が続くようであれば、それは一時的な気の落ち込みではなく、うつが疑われます。
 次に、涙がこぼれて止まらなくなる。感情の高ぶりがあるわけでもなく、いつの間にか自然と涙がポロポロこぼれ、止まらなくなることがある場合は、うつを疑ってください。
 三番目は、胃の調子がいつも悪い。いつも胃薬を飲んでいる人の8割は、隠れうつといわれています。実は、胃薬には抗うつ作用の成分が入っており、それが気をまぎらわせるので、うつの発見が遅れることもあります。一度、精神科の受診やカウンセリングを受けた方が良いでしょう。
 こんな実例があります。責任ある仕事に就いていた会社員の方が、ずっと胃の調子が悪く、内科で診てもらいましたが、胃に特に悪いところは見つからず、大丈夫といわれました。ところが、会社の重要な会議の前に突然立ち上がることができなくなり、救急車で運ばれ、検査されましたが、やはり胃に特別悪いところは発見されませんでした。この方は、どう対処したら良いのかわからなくなり、再び、重要な会議の前に立ち上がれなくなった日の夕方、自殺してしまいました。
 胃を診てもらいに行くと、病院は胃の検査しかしません。胃に悪いところがなければ、精神科で診てもらうようにアドバイスすることはほとんどないのです。いまの日本の医療の現状では、私たち自身がメンタルヘルスの知識をもち、自分で自分を守る必要があります。

社会・ライフの関連記事

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.6.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

  • 明治大学 法学部 特任教授
  • 森際 康友
違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.6.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.6.9

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.6.2

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一
少子高齢化ではない、少子超高齢に突入した日本社会の危機

2021.5.26

少子高齢化ではない、少子超高齢に突入した日本社会の危機

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 加藤 竜太

新着記事

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム