明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

法律は「物語」からできている!?

小林 史明 小林 史明 明治大学 法学部 専任講師

>>英語版はこちら(English)

人は誰でも平等という概念は、いまでは当たり前のことと思われています。一方で、人はひとりひとり能力も違えば、知識や経験も違います。それでも、一括りに平等と捉えることを前提に、民主主義国家の法は構築されてきました。そこには、私たちがそう思うように導く「物語」があるのです。

人をカテゴリ化することによって作られる「平等」

小林 史明 法はフィクションからできている、と言うと驚かれる方が多いと思います。法は、現実に則して適用される条文によって構成されている、と思われるからでしょう。

 でも、当然、人は能力も、知識も経験も、千差万別です。それが現実ですが、法はそれを、いわば均して、通常人とか合理的な人として一律に扱うことが前提になっているのです。

 例えば、スマホの契約をするとき、販売員に提示されたプランをすべて理解し、自分に最適な内容のものを選べる人もいれば、販売員の説明が理解できず、言われるままに契約する人もいます。

 でも、法律上は人は平等であり、取引きに当たって、自由に主体的に判断し、取引きをしたと扱われます。当然、成立した取引きに対する責任も負うことになるわけです。

 ところが、契約後にトラブルになるケースが続出し、社会問題化しました。そこで、契約の内容を理解し、判断しているのか、ひとつひとつチェックする規定が設けられるようになりました。これは、スマホだけでなく、金融商品などでもそうです。

 これは、消費者保護という観点からは良いことです。わかりやすくなりました。でも、いわば均しのレベルを下げたということで、チェックなどされなくても理解できる人にとってはうざったいことです。

 このように、法は、人々の千差万別な能力を区分、カテゴリ化して、なんらかの基準で平等と見なすというフィクションによってできているということです。

 法がこうした構造になっているのは、もちろん、人ひとりひとりの本当の能力を調べて、それに応じた対応で取引きしようとすれば、大変なコストと時間がかかるという現実があるからです。

 しかし、それにもまして大きいのは、なんらかの「平等」が良いことであると信じられていることです。人に対して、能力や個性に応じていちいち見方を変えるのではなく、みんな等しい人と見ることが正しいという価値観が、いまの私たちに普及しているからです。

 でも、それはなぜなのでしょう。

社会・ライフの関連記事

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

2022.7.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 須田 努
原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.5.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

  • 明治大学 法学部 教授
  • 勝田 忠広
木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

2022.5.11

木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 連 勇太朗
サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

2022.4.22

サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 源 由理子
熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

2022.3.23

熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

  • 明治大学 名誉教授(元専門職大学院 法務研究科教授)
  • 高倉 成男

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

3

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランデ…

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

連載記事