明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

法律は「物語」からできている!?

小林 史明 小林 史明 明治大学 法学部 専任講師

物語の浸透によって生まれた平等思想

 人はみんな平等、という概念が広まったのは、人類の歴史では本当に最近の話です。ひょっとすると今も達成されていないかもしれません。

 例えば、日本でも、四民平等といわれるようになったのは明治以降ですし、本格的な民主主義が広まったのは戦後です。性や障がいの有無や国籍、人種、出身地などによる差別がいけないことと、多くの人が思うようになったのは本当にここ最近のことです。

 その背景には、古くからキリスト教などによる平等の精神の教えがあったり、人は身分などに関わらず誰でも同じ身体をしている、という医学の知識が広まったことがあると思います。他方で温存されたままの差別が数多くあることも広く知られているでしょう。

 しかし、大きいのは、人はみんな平等という考え方は良いこと、という物語が浸透したことだと思います。人々にとって非常にわかりやすい、力のある言葉で、人は生まれながらにして平等であると言った人たちがいるのです。

 それを、人々が、ある意味、無意識に受け入れ始めたとき、それは、人類史上にかつてなかったような平等思想という社会制度の構築の根底ともなる物語として紡がれていったのです。

 逆に言えば、世界には、平等を良しとする物語が生まれていない地域もたくさんあります。女性や幼い子や高齢者、障がい者などを差別する地域では、それを良いこととする物語が紡がれつづけているのです。

 平等を基本にした日本に生まれた私たちは、平等が正しく、差別が絶対に悪と思いがちです。でも、それは、物語による先入観や思い込みでもありますし、何をどこまで平等にするのかという問題に向き合っていません。

 スマホの契約の例で述べたように、人は千差万別で、スキルもひとりひとり異なります。ところが、平等を前提にすると、通常人をどのようなカテゴリに設定するかという問題になり、ある意味、その基準より能力が高い人の自由を制限することになってしまいます。

 では、平等自体を諦めれば良いのかといえば、それも違います。それが一定のバイアス(偏見)をもとにした物語によって成り立っていることを常に自覚することが必要です。

 実際、私たちは、良い悪いではなく、生まれてから成長する過程でバイアスを回避することは決してできないのです。生まれた社会にある物語から、生き方そのものを身につけていくのですから。

 でも、その物語は絶対ではなく他の可能性もあったこと、また世界には別の物語もあることを知ることができます。それが大切なのです。

社会・ライフの関連記事

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

2021.12.1

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 宮田 憲一
里山の生物多様性を持続させるために必要なことは

2021.11.24

里山の生物多様性を持続させるために必要なことは

  • 明治大学 農学部 教授
  • 倉本 宣
税制度の基本は公平感を保つこと

2021.10.27

税制度の基本は公平感を保つこと

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 鈴木 孝直
コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 南後 由和
音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.9.8

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉

新着記事

2022.01.14

日本人は本当のM&Aをまだ知らない!?

2021.12.23

様々な知識を掛け合わせ、新しいものを生み出そう

2021.12.22

法律は「物語」からできている!?

2021.12.16

自分を導いてくれる出会いを大切にしよう

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.12.22

法律は「物語」からできている!?

5

2022.01.14

日本人は本当のM&Aをまだ知らない!?

リレーコラム