明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

小林 史明
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

小林 史明

明治大学 法学部 専任講師

研究分野
法哲学、法と文学、法と科学
研究テーマ
法と人文学に関する研究
【キーワード】法と文学、法と人文学、法と科学・技術
主な著書・論文
  • 『法と文学ーー歴史と可能性の探求』(勁草書房・2020年)
  • 「三宅正太郎の法思想――「裁判の道」と芸術の関係について」(『法律論叢』91巻6号、2019年)
  • 「深淵の法哲学に向けて――ショシャナ・フェルマンと法」(『法律論叢』89巻4・5号・2017年)
  • 『未来をひらく男女共同参画――ジェンダーの視点から』(共著・ミネルヴァ書房・2016年)
  • 『岩波講座 現代法の動態 第6巻 法と科学の交錯』(共著・岩波書店・2014年)
  • 「法は人文学である――ジェームズ・ボイド・ホワイトの人文学的法学について」(『法哲学年報2012 国境を越える正義――その原理と制度』(有斐閣・2013年)
  • 『叢書アレテイア13号 批評理論と社会理論1 アイステーシス』(共著・御茶の水書房・2011年)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

人気記事ランキング

1

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

4

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事