明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

小林 稔 小林 稔 明治大学 総合数理学部 教授

>>英語版はこちら(English)

2020年のコロナ禍によって、私たちのコミュニケーションは大きく変わったと言います。それは、コロナ終息後も継続していくものなのかもしれません。それをしっかり捉えると、コミュニケーションとはなんなのかが見えてきます。そして、人そのものを理解することに繋がっていきます。

コロナ禍で進展した新しいコミュニケーションの形

小林 稔 コロナの蔓延によって三密を避けることが求められるようになり、私たちの生活は、いわゆる巣ごもり化しました。

 そのため、コミュニケーションにも大きな変化が現れました。人と直接会って話すことが減り、インターネットを介したオンラインの形が増えたのです。

 しかし、この変化はコロナ禍によって新たに生まれたわけではなく、むしろ、日本では遅れ気味だったインターネットに接続された道具の活用が、ここで大きく進展したと言えます。

 つまり、そもそも社会は、そうした新たな道具を使う方向に進んでいたのであり、コロナ禍はその普及のきっかけになったとも言えます。

 例えば、以前であれば、人と会ってマスクをしたまま話すことは、場合によってはとても失礼なことでした。人が触ったものを拭いて回るなどということをしたら、ケンカにでもなったかもしれません。

 でも、コロナ禍のいまでは、それらは、むしろ人に安心感を与える行為になっています。

 しかし、コロナ終息後、こうした行為が継続されるかは疑問です。マスクなどない、満面の表情がわかる状態で会話をする生活に戻ることを期待する人の方が多いでしょう。

 一方で、コンピュータやインターネットを活用した生活が、コロナ前に戻るかというと、おそらく、そうはならないと思います。

 もちろん、例えば、大学では、オンライン授業から対面の授業に戻ることはあるでしょう。しかし、テレワークがすべてなくなることはないと思います。それは、こうした道具によって様々な利便性を享受できることが、多くの人の間で認識できたからです。

 実際、早くからデジタル機器を使いこなし、デジタルネイティブと言われる世代は、それ以前の世代とは既に異なる生活スタイルをもっているようにも見えます。

 その中で、コミュニケーションのあり方や、その本質も変容しているのか、そこに私たちは関心をもち、研究を進めています。

社会・ライフの関連記事

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

2021.12.1

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 宮田 憲一
里山の生物多様性を持続させるために必要なことは

2021.11.24

里山の生物多様性を持続させるために必要なことは

  • 明治大学 農学部 教授
  • 倉本 宣
税制度の基本は公平感を保つこと

2021.10.27

税制度の基本は公平感を保つこと

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 鈴木 孝直
コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 南後 由和
音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.9.8

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉

新着記事

2021.12.02

興味の範囲を広げて、新たな考え方を得よう

2021.12.01

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

2021.11.30

自分の真理を追求し、イノベーションを生み出そう

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

2021.11.25

考え方や行動の基盤となる“軸”を持とう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2019.11.19

#4 日本のアニメの特徴って?

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2021.12.01

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

リレーコラム