明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

中島 春紫 中島 春紫 明治大学 農学部 教授

麹菌は日本人が飼い馴らした微生物

 日本の発酵食品文化は、世界の他の地域と比べて特殊な面があります。まず、日本で発酵食品をつくるときの代表的な菌はアスペルギルス・オリゼー(またはA・オリゼー)という学名を持つ麹菌ですが、この麹菌は、事実上、日本特産なのです。

 実は、麹菌は、漢字で表記すると発酵に使われる微生物のことですが、「コウジキン」とカタカナで表記すると、これはアスペルギルス属のカビを意味します。

 このA・オリゼーと非常によく似たカビに、アスペルギルス・フラバス(A・フラバス)という緑色のカビがあります。これはアジア全域にいるカビですが、肝臓障害を起こし、発がん物質となるアフラトキシンという毒をつくります。そのため、東南アジアでは、緑色のカビは触ってはいけないとされています。

 このA・フラバスとA・オリゼーは、見分けがつかないほどよく似ているのですが、違いは、A・オリゼーはアフラトキシンをつくらないこと、また、デンプンを分解する酵素をつくる遺伝子が3倍に増幅されていること、胞子の中に核がいくつかあり、その分だけ発芽が早く、安定性が良いことが挙げられます。

 実は、その違いは、ことごとく、人が行う発酵醸造にとって都合の良い性質なのです。そのように便利なカビが、世界にはいなくて、日本にだけ生育しているとはあまりにも都合が良すぎます。

 おそらく、たまたま毒をつくらないA・フラバスを見つけた古代の日本人が、そのカビを飼い慣らし、増やしたものがA・オリゼーとなり、麹菌とよばれるようになったのではないかと考えられます。

 日本では、古くから味噌や酒の発酵醸造に使われていた麹菌ですが、自然界の中では強いカビではありません。

 そのため、中国やアジアのように、穀物をただ室に入れておくと、他のカビに負けて、麹菌が繁殖することはまずないのです。

 そこで、酒を造る場合であれば、お米を蒸して殺菌し、清潔な部屋の中で広げ、そこに純粋培養した麹菌の胞子を撒くのです。すると、お米の1粒1粒に麹菌が繁殖して一気に生育するというわけです。

 この純粋培養した麹菌を売る専門の業者が、なんと、室町時代にはすでに出現していたのです。これは本当に驚くべきことです。

 微生物の純粋培養技術を確立したのは、19世紀の末にドイツのコッホとされています。ところが日本では、14世紀には、発酵に使う希有なカビの純粋培養に成功していて、それを商売にしていたのです。

 現代でも、家庭で甘酒や味噌をつくる場合などは麹を買ってきます。個人で麹菌を生やすのは、現在でも難しくて、なかなか上手くいかないからです。

 14世紀にその技術が確立していたということは、それ以前に日本人は毒をつくらないA・フラバスを見つけ、さまざまな試行錯誤を繰り返し、長い年月をかけて、このカビを飼い馴らしてきたということだと思います。

 その結果、日本酒をはじめ、味噌や醤油など、日本独特の発酵食品の多くが、このA・オリゼーという麹菌をベースにつくられるようになったのです。

社会・ライフの関連記事

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.5.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

  • 明治大学 法学部 教授
  • 勝田 忠広
木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

2022.5.11

木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 連 勇太朗
サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

2022.4.22

サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 源 由理子
熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

2022.3.23

熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

  • 明治大学 名誉教授(元専門職大学院 法務研究科教授)
  • 高倉 成男
国が「してくれないこと」はあきらめるしかないのか?

2022.3.4

国が「してくれないこと」はあきらめるしかないのか?

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 清水 晶紀

新着記事

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.06.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.06.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事