明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

中島 春紫 中島 春紫 明治大学 農学部 教授

>>英語版はこちら(English)

いま、私たちの周りには発酵食品がたくさんあります。味噌や醤油をはじめ、納豆や漬物、ヨーグルトやチーズなど。発酵食品は世界中の国、民族にありますが、そのなかでも、日本の発酵食品の文化は豊かだと言います。さらに、発酵食品をもたらしてくれる微生物を食品以外の分野にも応用していく技術が研究されています。

食べ物を保存したいという思いから始まった発酵食品づくり

中島 春紫 発酵とはなにかと言うと、一般には、食材にカビや細菌などの微生物が生えて、その食材をより美味しくすることだと思われていますが、専門用語としての「発酵」の定義は、微生物が酸素を使わずに有機物を分解してエネルギーを得る反応のことです。

 しかし、一般の人々は、食材を熟成して美味しくなることが発酵で、臭くなると腐っているとか、腐敗と言いますね。それは人間の都合による区別であり、微生物の活動としては何ら変わりありません。熟成の過程では微生物が繁殖していることが多いのですが、微生物にとっては、発酵と腐敗の区別はないのです。

 では、人はなぜ、食材を熟成させて腐敗となってしまうかもしれない発酵をさせるのかと言うと、もともとは、餓死しないために食べ物を保存しておきたい、という必死の思いから始まったと思います。

 微生物は目に見えませんので、その頃は、熟成は微生物の活動によって起こるとはわかっていなかったでしょう。なにかの原因で食材を熟成させると、保存が効くことがある、と気がついたのです。

 その後、熟成の方法に試行錯誤を重ねていくうちに、食材がより美味しくなることもわかったのです。

 例えば、中国やアジアで見られる発酵食品づくりは、まず、収穫した穀物を生のまま練って固まりにして、地下の室(むろ)などに入れます。

 すると、その室に棲みついている菌が穀物に生えてきます。このような条件で生育してくるのは、たいてい生育の早いクモノスカビです。クモノスカビには、周りを酸性にして雑菌を殺してくれる作用があります。

 さらにクモノスカビは酵素をつくり、穀物のデンプンを分解して穀物を甘くしてくれます。

 発酵が進むと、やがて穀物の中心部ではアルコール発酵が始まるので、それを絞って濾せば紹興酒になりますし、潰して蒸留すれば白酒(ぱいちゅう)になります。絞りかすは豚の餌として利用されます。

 熟成の過程では、なんの作用でそうなるか解明される前から、人々は試行錯誤を重ねて微生物の生育を制御する方法を見出し、発酵食品をつくっていったのです。

 もちろん、失敗もあったでしょう。室に棲みついている菌はクモノスカビだけではないので、場合によっては違う菌が先に生え、クモノスカビが負けてしまうこともあります。

 すると、それは人にとっては腐敗になることであり、そのときは、せっかく収穫した穀物が無駄になってしまうのです。

 それでも、世界中の人々が自分たちの周りで収穫し、採取した食材を、自分たちが住む地域の環境を上手く利用しながら、それぞれの方法で発酵食品にしていったのです。そういう意味で、発酵食品は、民族のソウルフードと言えるでしょう。

社会・ライフの関連記事

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.6.9

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.6.2

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一
少子高齢化ではない、少子超高齢に突入した日本社会の危機

2021.5.26

少子高齢化ではない、少子超高齢に突入した日本社会の危機

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 加藤 竜太
行動経済学によって人は自由になる? 従属的になる?

2021.4.21

行動経済学によって人は自由になる? 従属的になる?

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 後藤 晶

新着記事

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.06.03

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.06.02

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.06.01

先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム