明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

明治大学 農学部 准教授 石丸 喜朗

近年、アレルギー性疾患やメタボリックシンドロームは解決すべき重要な社会問題になっています。その治療法として、いま、研究者の間で注目されているのが「刷子細胞」です。まだ、一般にはあまり知られていませんが、その最新の研究が本学で行われています。

3年前に、ようやくその機能がわかってきた刷子細胞

石丸 喜朗 刷子細胞という名前を耳にしたことがある人は、まだ多くないと思います。小腸をはじめ、体内のいろんなところにあると言われる細胞で、60年ほど前に発見されましたが、どんな活動を行っている細胞なのか、まったくわからなかったのです。

 例えば、小腸には、栄養素を吸収する吸収上皮細胞をはじめ、パネート細胞、杯細胞、内分泌細胞という4種類の主要な細胞があります。その小腸の中で、刷子細胞はごくわずかで、全体の0.4%程度です。

 ところが、その0.4%程度の細胞が寄生虫感染のセンサーの役割をしていることが、3年前の2016年にわかってきたのです。

 その仕組みを簡単に説明すると、まず、刷子細胞にはコハク酸の受容体があることがわかりました。寄生虫のひとつである原虫はコハク酸を分泌します。すると、刷子細胞はそれを察知し、IL-25という物質を出します。

 IL-25とは、インターロイキンという免疫担当細胞が産出する生理活性物質のひとつです。これによって、免疫担当細胞の一種であるリンパ球系の細胞(ILC2)が活性化されるのです。

 さらに、このILC2は活性化したことにより、やはりインターロイキンの種類であるIL-13やIL-5を出します。すると、粘液を出して小腸を守る杯細胞や、刷子細胞がさらに増えるのです。

 つまり、またIL-25が増えてILC2が活性化されるという正のフィードバックループが起き、寄生虫である原虫の駆除が促進される仕組みです。

 寄生虫は原虫だけでなく線虫などもいます。また、細菌に対しても、その感染を察知するなんらかの受容体があると思われますが、まだ、わかっていません。しかし、刷子細胞が小腸の免疫機能にたずさわっていることは明らかになったのです。

 では、刷子細胞がない状態だと、どのようなことが起きるのか、という研究を私たちのグループが行ったとき、思わぬ現象が起きました。それが、メタボ対策に繋がる可能性をもっているのです。

社会・ライフの関連記事

動物の移動や行動がわかると、効果的な環境保全もわかってくる

2021.1.13

動物の移動や行動がわかると、効果的な環境保全もわかってくる

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任准教授
  • 山本 誉士
農村には「なにか」ある

2020.12.16

農村には「なにか」ある

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 藤本 穣彦
脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

2020.12.2

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 特任教授
  • 辻 昌美
低価格志向と食の安全・安心

2020.10.21

低価格志向と食の安全・安心

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 中嶋 晋作
コロナ禍を都市政策の歴史的な転換点に

2020.9.23

コロナ禍を都市政策の歴史的な転換点に

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 野澤 千絵

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2021.01.13

動物の移動や行動がわかると、効果的な環境保全もわかってくる

2020.12.23

「源氏物語」は批判精神に充ちた「硬派」の物語!?

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2020.12.09

あなたは、得があれば個人情報を差し出しますか?

2020.12.02

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.01.13

動物の移動や行動がわかると、効果的な環境保全もわかってくる

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム