明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

明治大学 農学部 准教授 石丸 喜朗

近年、アレルギー性疾患やメタボリックシンドロームは解決すべき重要な社会問題になっています。その治療法として、いま、研究者の間で注目されているのが「刷子細胞」です。まだ、一般にはあまり知られていませんが、その最新の研究が本学で行われています。

3年前に、ようやくその機能がわかってきた刷子細胞

石丸 喜朗 刷子細胞という名前を耳にしたことがある人は、まだ多くないと思います。小腸をはじめ、体内のいろんなところにあると言われる細胞で、60年ほど前に発見されましたが、どんな活動を行っている細胞なのか、まったくわからなかったのです。

 例えば、小腸には、栄養素を吸収する吸収上皮細胞をはじめ、パネート細胞、杯細胞、内分泌細胞という4種類の主要な細胞があります。その小腸の中で、刷子細胞はごくわずかで、全体の0.4%程度です。

 ところが、その0.4%程度の細胞が寄生虫感染のセンサーの役割をしていることが、3年前の2016年にわかってきたのです。

 その仕組みを簡単に説明すると、まず、刷子細胞にはコハク酸の受容体があることがわかりました。寄生虫のひとつである原虫はコハク酸を分泌します。すると、刷子細胞はそれを察知し、IL-25という物質を出します。

 IL-25とは、インターロイキンという免疫担当細胞が産出する生理活性物質のひとつです。これによって、免疫担当細胞の一種であるリンパ球系の細胞(ILC2)が活性化されるのです。

 さらに、このILC2は活性化したことにより、やはりインターロイキンの種類であるIL-13やIL-5を出します。すると、粘液を出して小腸を守る杯細胞や、刷子細胞がさらに増えるのです。

 つまり、またIL-25が増えてILC2が活性化されるという正のフィードバックループが起き、寄生虫である原虫の駆除が促進される仕組みです。

 寄生虫は原虫だけでなく線虫などもいます。また、細菌に対しても、その感染を察知するなんらかの受容体があると思われますが、まだ、わかっていません。しかし、刷子細胞が小腸の免疫機能にたずさわっていることは明らかになったのです。

 では、刷子細胞がない状態だと、どのようなことが起きるのか、という研究を私たちのグループが行ったとき、思わぬ現象が起きました。それが、メタボ対策に繋がる可能性をもっているのです。

社会・ライフの関連記事

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.7.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 佐々木 掌子
遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.7.3

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.6.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 加藤 徹
「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

2019.6.5

「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 服部 俊宏

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

4

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

5

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム