明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

20世紀から21世紀の快適へ、スマートコミュニティが始まっている

明治大学 総合数理学部 教授 福山 良和

日本型SCで世界の未来を変える

 さらに、SCは、日本企業の世界戦略のうえでも課題を浮き彫りにしています。20世紀の末頃は世界を席巻していた日本のいくつかの産業は、商品のコモディティ化(一般化)により優位性を失い、近年は凋落傾向にあります。そこで、単なるすり合わせ技術ではできない商品開発を目指していますが、インフラ輸出は最も期待のかかるところです。日本が早い時期からSCの実証実験を始めた意図のひとつは、SCを有効な輸出商品と捉えていたからです。実際、CO2の排出削減が世界的な目標となっている今日では、東南アジアの工業団地などは日本の技術が適用できます。しかし、日本のSCを売り込むためには、投資対効果を定量的に提示できなくてはなりません。そのためにも、SCのモデル化は重要です。実は、SCの売り込みにおいて、先進各国は官民一体となった活動を行っています。例えば、イギリスなどは民間の企業人が政府機関に一定期間異動し、政府機関の肩書きを持ってプロジェクトを進めます。日本でも、官民一体となった活動を後押しするためにも、より緻密なSCのモデル化を進めなくてはならないと考えています。

 また、SCの世界標準化において、日本がリーダーシップをとることが必要です。電気的な標準化はIEC(国際電気標準会議)が進めていますが、IECの全投票数69のうち、EUが39をもっています。EUに対抗するためにも、国も含めたオールジャパンで日本の技術が浸透するような標準化が重要であると考えています。

 先にも述べましたが、私たちは、いま、社会を再構築するべき過渡期にいると思います。これを実現するのは次世代です。私たちはもっと知恵を出し、行動を起こし、現状を打ち破り、変えられる次世代を育てていかなくてはいけないと考えています。一般生活者の皆さんも、省エネや環境問題に対する関心や意識をより高め、それを声や行動で示していただければと思います。皆さんの声が大きくなれば、国の動きも変わるし、未来も変わっていくと思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.7.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 佐々木 掌子
遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.7.3

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.6.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.6.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 加藤 徹

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム