明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

柳 憲一郎 柳 憲一郎 明治大学 名誉教授(元法学部教授)

CCSを定着させるためには、私たち生活者の意識を高めることも重要

 さらに、今後の検討課題として、石炭火力や重油炊きの発電所はCO2を回収・貯留する施設を必ず設けるという、CCS-Ready法(Capture Ready)の策定があります。また、こうした日本のCCS技術を他国に移転し、そこで成果を上げることで日本のCO2削減実績にカウントする、日本版クリーン開発メカニズム二国間クレジット制度(JCM)を二ヵ国間で行うことも検討課題であると考えます。

 CO2の削減は地球規模の課題であり、CCSは大きな事業となりますが、私たち国民一人ひとりにとって、決して他人事ではありません。地球環境問題は、基本的には一人ひとりの問題です。企業が商品を作るために電力を使えば、そのために排出されるCO2に応分の負担金が課せられ、それは商品価格に反映されることにもなります。つまり、負担するのは私たち消費者なのです。それをせずにCO2の排出が野放しになれば、異常気象に繋がり、被害を被るのも私たち住民です。日頃から、省エネなど、環境に負荷を与えない生活を一人ひとりが心がけたり、CCSなどの情報にも関心をもってもらえればと思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

2022.9.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

  • 明治大学 法学部 教授
  • 堀田 秀吾
現代の社会的課題を解決する糸口は、中庸の欲張り!?

2022.9.14

現代の社会的課題を解決する糸口は、中庸の欲張り!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 本所 靖博
単純にイエス、ノーと言えない産業動物のアニマルウェルフェア

2022.9.7

単純にイエス、ノーと言えない産業動物のアニマルウェルフェア

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 佐々木 羊介
「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.8.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

  • 明治大学 専門職大学院 法務研究科 専任講師
  • 菊地 一樹

新着記事

2022.09.29

経験と経験を組み合わせ、突破口を見出そう

2022.09.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

2022.09.22

時には立ち止まり、待つことをもっと意識しよう

2022.09.21

すべての子どもに、たくさんのキャンプを体験してほしい

2022.09.15

人間力を高めて、魅力あふれる人を目指そう

人気記事ランキング

1

2022.09.21

すべての子どもに、たくさんのキャンプを体験してほしい

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.09.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

4

2015.06.01

経済のサービス化の意味 ―求められるモノからコトへの構造転換―

5

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

連載記事