明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「ジェネレーションフリーの社会」の発想が、 年金制度の行き詰まりも打開する

北岡 孝義 北岡 孝義 明治大学 商学部 教授

少子高齢化によって、世代間扶養の公的年金制度は限界にきているという議論をよく耳にします。そこで、マクロ経済スライド制の導入など、様々な対策が考えられています。しかし、そうした対策には、本質的な問題に正面から取組む発想がない、という指摘があります。

いまの年金制度改革は、制度維持ありきで抜本的改革ではない

北岡 孝義 日本の公的年金制度が世代間扶養の賦課方式であるのは、若い人が高齢者を扶養するのは当たり前だ、義務だという、多分に儒教精神が背景にあるからでしょう。以前は、若い人の人口が多い社会構造だったので、そうした精神を制度化しても無理なく受け入れられてきたわけです。しかし、ご存じの通り、少子高齢化で日本の人口構造は変わりました。そこで、税金の投入であるとか、マクロ経済スライドの導入などの対策、また、年金保険料の積立金をリスク資産で運用するなどして年金財政の安定化を図ろうとしていますが、どれも場当たり的と言わざるを得ません。特に、年金の原資となる積立金の半分以上を株式などのリスク資産で運用することには、唖然とさせられます。実際、2015年には株安で運用に失敗し、5.3兆円もの損失を計上しています。いまは株高で回復しているようですが、その株高自体、この年金積立金の投入によって支えられているという面もあります。株を買い支えるために年金積立金が利用されているようなものです。しかし、リーマンショックのような金融危機が再び起きたら、今の運用方針のもとで損失がどれだけになるのか予測もつきません。そのとき、積立金の損失に誰が責任をもち、誰がその損失を負担するのでしょうか。結局、しわ寄せは国民にくるのです。

 つまり、いま行われているような対策とは、いまの年金制度をどうやって維持していくかということが前提で、少子高齢化社会という日本が抱える大きな問題に真正面から向き合い、抜本的解決につなげようという発想ではないということです。

社会・ライフの関連記事

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.6.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

  • 明治大学 法学部 特任教授
  • 森際 康友
違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.6.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.6.9

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.6.2

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一
少子高齢化ではない、少子超高齢に突入した日本社会の危機

2021.5.26

少子高齢化ではない、少子超高齢に突入した日本社会の危機

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 加藤 竜太

新着記事

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム