明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「人生にはいくつもの初心がある」 ~世阿弥の言う本当の意味とは~

明治大学長 法学部 教授 土屋 恵一郎

能は、現代に継承されている演劇としては世界最古の歴史があるといわれ、世界無形遺産にも指定されています。日本文化を世界に発信するクールジャパン戦略においても、重要な日本文化のひとつとして位置づけられています。最近では、室町時代に能を大成させた世阿弥が著した「風姿花伝」などの芸能の理論書は、その枠を越え、現代の私たちの生き方にも通じる示唆に富んだ人生論にあふれる書物であると、評価されています。

相手との関係の中から生まれた世阿弥のイノベーション

土屋 恵一郎 今日私たちが観ている形に能を大成させたのは、室町時代、当時は猿楽師といわれていた世阿弥です。彼の成した業績をみると、現代でいうまさにイノベーションであることがわかります。イノベーションを理論化したのは、20世紀を代表する思想家であり現代経営学の発明者といわれるピーター・F・ドラッカーです。彼は、イノベーションとは単なる技術革新ではなく、物事の新しい切り口や活用法を創造することだと言いました。そして、そのためには、いま現にあるものを組合わせ、新しい結合を生み出すことが重要だと語っています。実は、世阿弥が生きた時代も、歌、舞、物語の三つの要素を含んだ芸能である能には、猿楽能や田楽能など、様々なスタイルがありました。世阿弥は、これら既存の芸能を組合わせることで、今日の能の原型といえるスタイルを新たに創り上げたのです。

 もちろん、あるものをただ組合わせるだけでは新しいものはできあがりません。世阿弥は、自分たちが創造した芸を子孫に伝えるために、秘伝書を何冊も遺しています。その中の一冊に「風姿花伝」があります。この秘伝書を読み解くキーワードとして、「関係的」という言葉が挙げられると私は考えています。世阿弥は、社会からようやく認められはじめた能が生き残り、発展していくためには、ただ自分たちがやりたいことをやるのではなく、観客との関係の中で、相手に寄り添いながら、いま求められているものは何なのかを常に見極め、それを取り入れていくことが重要であると考えていたからです。例えば、能の物語として、当時の誰もが知っていた平家物語や源氏物語を利用し、シテと呼ばれる主人公は能面を付けてキャラクターをわかりやすく、かつ美しく見せます。また、優雅な舞である天女舞が、世間で人気があると知れば、そうした舞を物語の中に組み込んでいく。つまり、なにを組合わせるかといえば、人々が良いと言っていたり、美しいと思ったり、面白いと思っているもの、それらをしっかりと見極め、組合わせることで観客にサプライズとなる新しい能を見せ、感動させていったわけです。それが「珍しきが花」ということです。

 さらに世阿弥は、能のパトロンとなった武士たちが居る都ばかりでなく、田舎も大切だと言っています。理解者を幅広くもつことで、ひとつがダメになっても、別の方を頼ることができるわけです。これは、世阿弥の生き残り戦略の一環といえるでしょう。実際に世阿弥たちは駿河などにも巡業に行っています。しかし、都の貴族化した武士たちの前で行う能と、田舎で庶民の前で演じる能は異なるものであると言っています。それは、どちらが良い悪いという問題ではなく、その場所や観客との関係を見極めて、相手に受入れられる芸を行うことが重要であるということです。また、宴席などで能を行うとき、客たちがすでにお酒を呑んでいる場合は、その雰囲気に合わせた舞を行わなくてはいけないと言っています。つまり、今日でいうところの「空気を読む」ということです。物事を成すとき、ただゴリ押ししていては相手に受け入れられず、結局なにも成し得ません。相手をよく観察し、状況を正確に把握することによって、自分を臨機応変に変えていくことができる。そうすることで、その場に新しい空気をつくることができ、初めて自分のやりたいこともできるようになるというわけです。世阿弥はこうしたことを「住せざるをもって花となす」と言っています。都で受けた能だからといって、そのまま田舎でやれば良いというものではありません。ひとつに安住することなく常に相手を見極めて柔軟に対応することが、結果として、自分のやりたいことにつながっていくというわけです。

 世阿弥の起こしたイノベーションとは、新しい結合を創り出すことも、柔軟に対応することも、常に相手があってのこと。相手との関係性の中で見出してきたことなのです。その成果は600年以上もの時を超え、能を伝統文化として生き残らせることにつながっています。こうした世阿弥のイノベーションの手法は、まさに現代の組織やビジネスの中でも活かせるワザではないでしょうか。

社会・ライフの関連記事

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.7.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 佐々木 掌子
遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.7.3

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.6.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.6.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 加藤 徹

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2019.07.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

人気記事ランキング

1

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2015.10.21

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

4

2017.01.24

#1 少子高齢化が進むと社会はどうなる?

5

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム