明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

20世紀の“忘れ物”が21世紀を生きるヒントになる

明治大学 理工学部 准教授 鞍田 崇

いま求められるのは痛みを分かち合う共感

 そんな視点から民藝運動を考えなおし、さらにこれからの社会のあり方を考えるためのキーワードとして、私は、「インティマシー」という視点を提案しています。インティマシーとは、「親近感」とか「親密さ」という意味なのですが、日本語でいうなら「いとおしさ」という言葉が相応しいと思っています。

 いとおしいというと、「かわいい」という意味と思われがちですが、もともとの意味は、「辛い」「苦しい」とか「嫌」、「うとましい」という意味でした。いまは「愛おしい」と「愛」という字を用いますが、万葉集などでは、「愛」ではなく、「労」という字が当てられています。つまり、自分が辛く、苦しく、うっとうしい状況におかれていることが「いとおしい」であり、それがやがて、そういう状況に陥っている他者への同情を表わす言葉となりました。それがさらに進み、大変な状況に陥りやすい弱小な人や物に対する保護的な感情を表わす言葉となり、「愛」を当て、「愛おしい」となったのです。いとおしさは、もちろん愛情を表す言葉です。ですが、もともと「労」を当てられていたころの語感はいまも残っている気がします。一方で、インティマシーで意味されている親密さには、ギュッと抱きしめたくなるような身体的なニュアンスがあります。いとおしさの意味の変遷もふまえつつ考えると、これらの言葉からうかがわれるのは、時として身体的な痛みも伴うような、生きることの切実さへの深い共感ということができるでしょう。こうした感情が抱かれるのは、人だけでなく、物や街や地域社会に対してのこともあるでしょう。いずれの場合も、小ささ、弱さ、果敢なさへの気づきと連動しています。その小ささ、弱さ、果敢なさのゆえの切実さに寄せられる深い共感の醸成こそが、いま求められているのではないでしょうか。

 しいていうなら、インティマシーとは、「痛みを分かち合う」共感。それが、20世紀が置いてきぼりにした無数の小さなものたちに光をあてるとともに、それらの連携の構築や新しいコミュニティの形成に、不可欠なものであると考えます。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.7.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 佐々木 掌子
遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.7.3

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.6.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.6.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 加藤 徹
「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

2019.6.5

「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 服部 俊宏

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.07.03

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.06.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.06.19

社会凝集力は偏見も生む。自分をもっと自由に解放してみよう!!

人気記事ランキング

1

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

5

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム