明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

20世紀の“忘れ物”が21世紀を生きるヒントになる

明治大学 理工学部 准教授 鞍田 崇

「民藝運動」に見る、自分らしい在り方

鞍田 崇 21世紀は、無数の小さな矢印の時代。そんな時代における自立や新たな連携のあり方を考える上で、最近私が注目しているのは、昭和の初期に始まった「民藝運動」です。指導者である柳宗悦が光をあてようとしたのは、まさに名も無きままに忘れられつつあった、無数のものたちでした。

 柳宗悦は、機械生産される製品が社会のトレンドとなっていく中で、そのトレンドからこぼれ落ちた、いわゆる手仕事の中に次世代の社会を考えるヒントを得ようとした人でした。柳はこうした手仕事を行う職人たちが「貧しい」ことを強調します。貧しさは、トレンドからの疎外として憂うべきものではありますが、じつは、ポジティブに評価されるべき状況でもあると、彼は考えました。貧しさがあればこそ美しいものが生まれてきた、と。柳の言う「貧しさ」とは、生きていくことに対する切実さという気がします。職人たちの、必死に生きていかざるを得ない生活実感というか、けなげさ。一つ一つは小さなそのいとなみを正しく受けとめる社会像を追究したのが民藝運動でした。

 しかも、柳が大切にしていたのは、職人の手仕事による物の美しさのことだけではなく、いま目の前にある物との出会いを大事にするということでもありました。物と対峙している自分の振るまい方において、より自分らしくならなくては見えないものが在る、ということです。例えば、いま手にしている茶碗が、社会から評価されているものだから良い茶碗だと思うのではなく、その茶碗が良いか悪いか決めるのは、自分自身ということです。つまり、物と対峙することによって考え直そうとしているのは、自分の側のこと。社会の評価やトレンドにもブレない、自分らしい在り方についてなのです。しかも、これは一人の問題だけでなく、物との出会い方を自分本位で真摯に見出していく姿勢を積み重ねていくこと、その際に何よりもまず他者の切実さに思いを寄せること、そうした姿勢の人が増えていくことが、社会全体を良くする方向につながっていくのだ、という信念が柳にはありました。現代では大量の情報がどんどん入ってきてしまう時代でありながら、他者の切実さをなかなか共感し得ない私たちにとって、民藝運動は、多くの手がかりを与えてくれるように思います。

社会・ライフの関連記事

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.7.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 佐々木 掌子
遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.7.3

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.6.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.6.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 加藤 徹

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.05.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム