明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

20世紀の“忘れ物”が21世紀を生きるヒントになる

明治大学 理工学部 准教授 鞍田 崇

自分らしさを発揮することができる「1/3社会」

 では、拡大する社会のなかで置いてきぼりにされたものとはなんでしょう。以前、建築家の小嶋一浩さんと話をしたとき、彼は、「20世紀は人口が爆発的に増え、急増したニーズに対応するために、なるべくフラットに平均化して、効率的にサービスを供給しようというシステムが整っていった」と言い、それを「大きな矢印の時代」と呼んでいました。この譬えは建築の視点から言われたことですが、社会のシステムも、ひとつの大きな矢印に個々を集約する時代であったといえるのではないでしょうか。例えば、自分というものを消して、組織に隷属、従属する帰属意識が求められたり、個性を発揮しているようで、実は、まさに大きな矢印であるトレンドに乗っていることであったり。つまり、人口が増加し、拡大する社会では、否応なくひとつの平均値に束ね、大きな矢印に集約することが、必要な社会システムであったわけです。このとき置いてきぼりにされたのが、小さな矢印たちがもっていた細かなディファレンス(差違)です。

 集約によって生み出された20世紀の繁栄の中で、置いてきぼりにされたこの小さな矢印たちが、これからは活きる時代であると、小嶋氏は指摘しました。この指摘はまさに1/3社会を考えるヒントになると思います。大きな矢印に集約されない、細かな差異を秘めた小さな矢印の具体例は、組織に対する個人でもあるでしょうし、都市部に対する地域社会でもあるでしょう。人口減少の中で大きな矢印が成立しなくなっていくからといって、人であれ、街であれ、個々に孤立してはやっていくことはできません。新たな結びつきや連携を目指すはずです。実際、普及したSNSなどをみると、そこには既存の組織によるのではない、新しいコミュニティの形成があるのがわかります。こうした新しい結びつきや連携において活きるのは、自分はどんな矢印なのか、ということです。つまり、帰属が求められた時代から、自立が求められる時代になるといえるのです。

社会・ライフの関連記事

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.7.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 佐々木 掌子
遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.7.3

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.6.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.6.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 加藤 徹

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.05.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム