明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

協働のガバナンスが、社会課題を解決する。

源 由理子 源 由理子 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授

ガバナンスの3つのアクター、それは「政府」「企業」「市民社会」

源由理子教授 現代は「ガバナンス」の時代であるといわれる。ガバナンスという言葉は「統治」や「運営」といった意味であるが、国際開発援助の分野では、世界銀行によって比較的早くからガバナンスの概念が使われてきた。各国政府と国際機関、国際NGOとの協調をめざすグローバル・ガバナンス論に見られるように、さまざまなアクターとのパートナーシップの重要性が示されてきた。これはグローバリゼーションがもたらした経済的発展の一方で、所得格差や環境破壊といった、一つの国だけでは解決できないグローバル・イシュー(地球的課題)が顕在化してきたためである。不可逆的な現象であるグローバリゼーションは、グローバルかつローカルな多次元で進行している。国家の統治能力が相対的に低下する中で、一つの国の中の社会課題を解決するにあたっても、政府、企業や市民社会とのパートナーシップによる協働のガバナンスが求められている。
 協働とは、異なる役割を持つアクターが、同じ目標に向かって、同じベクトルをもって働いていくことである。「政府」、「企業(経済)」、「市民社会」という3つのアクターは、それぞれ考え方や立場も違う。さらに、グローバリゼーションが進展するなかで、価値も多元化している。多元的な価値のなかで、一つの目標に向かうのは簡単なことではない。そのためには、多様な人が集まって意見を形成していく「討議の場」をもつことが必要になる。

社会・ライフの関連記事

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 南後 由和
音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.9.8

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
肥満をなくすことと肥満差別をなくすことは大きく意味が違う

2021.9.1

肥満をなくすことと肥満差別をなくすことは大きく意味が違う

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
人は植物と共に生きている、いや、人は植物に生かされている

2021.8.27

人は植物と共に生きている、いや、人は植物に生かされている

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人
パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.7.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江

新着記事

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

2021.09.30

新しいことに挑戦し、自分のスタイルを確立しよう

人気記事ランキング

1

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

2

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム