明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

協働のガバナンスが、社会課題を解決する。

明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授 源 由理子

討議する過程が、公共の福祉の創造につながる

 身近な例として、自治体における防災政策について考えてみよう。政策は行政サイドで作られるが、実際活動しているのは、行政に加えて地元企業、町内会、NPO、地域の小学校などの様々なアクターである。既に「協働」は存在している。そのようななか、地域のニーズに合った防災力を高めるために重要なのは、政策の形成・実施の各場面で、「討議の場」を持つことである。「討議の場」でそれぞれのアクターに求められる前提条件は二つ。一つは異なる視点からの意見を聞くことで、自らの意見を変えることも厭わない柔軟性。もう一つはリフレクション、自分たちがやってきたことを省察する「評価」の姿勢である。既存のものを常に問い直していくことによって、多様性を担保しながら、その地域にあった新しいものをつくりだしていくことをめざすのである。討議をすることが、お互いの考え方を理解する機会となり、他者の視点を入れた新たな意見を形成する過程となる。こうして形成された合意は、公共の福祉の創造につながると考えている。

評価とは、検証だけではなく、価値を引き出すこと

 そんな「討議の場」を提供する手段として、私が提起しているのが関係者参加型で行う「協働型評価」である。通常、政策や事業の評価は、その客観性を担保するために行われる第三者評価や、活動が計画どおり行われたかを見る担当者による内部評価がほとんどである。「協働型評価」では、政策形成にあたり、どのような社会をめざすべきかを討議し(ビジョン)、ある社会課題の解決に向けてどういう状態をめざすのか(目標)、そのために何をすべきなのか(戦略)という議論を行う。また政策実施後は、それらの戦略が果たして本当に有効であったのかを評価する。結果を検証するだけではなく、検討の結果から将来に向けた価値を引き出す評価方法である。
 「協働型評価」で重要なのは、「討議の場」が人々の意識・行動変容、意見形成に与える影響であると思う。その過程(プロセス)を共有することが、異なるアクター間で共通の何かを生み出すきっかけになるのではないか。

社会・ライフの関連記事

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.7.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 佐々木 掌子
遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.7.3

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.6.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.6.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 加藤 徹

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.05.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム