明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

不安? 便利? もう始まっている人工知能が働く社会

明治大学 総合数理学部 准教授 福地 健太郎

人工知能が創造に結びつく社会

 冒頭で議論したように、人間は計算が得意ではないし、曇りのない目でデータを観察し続けるのも苦手とするところです。一方で、仮説を立てて仕組みを創造することについては、それなりの適性を持っているように思えます。人工知能の議論は現在、ややもするといかに人間がそこからサービスを享受するのか、消費の観点から語られがちですが、人間の長所を活かすことを考えれば、いかにそれを創造に活用するかを考える方がずっと魅力的です。創造の道具として人工知能を活用することを考えるのであれば、おのずとそこに多様性が求められます。よりよい創造のためには、道具としての人工知能の性質をより深く知悉することも必要になるでしょう。ちょうど現在、日本国内でも、コンピュータを使いこなすためのプログラミング教育の強化が遅まきながら議論され始めていますが、人工知能についても同様に検討を始めることが求められます。過度なブラックボックス化を防ぎ、権力による人工知能のコントロールに対抗し、創造的に使いこなすことのできる人材を多く育てることで、人工知能の持つ力をより善く社会に行き渡らせることが、人間社会を存続させる上で必要なのではないかと考えます。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 河野 菜摘子
音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 森勢 将雅
再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

2019.10.30

再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 相澤 守
生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.8.7

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 本田 みちよ
使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.7.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 渡邊 恵太

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2019.11.06

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

2019.10.30

再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

人気記事ランキング

1

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2018.07.18

気候変動に関する日本の優れた農業技術が世界を救う!?

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム