明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

不安? 便利? もう始まっている人工知能が働く社会

明治大学 総合数理学部 准教授 福地 健太郎

人工知能が創造に結びつく社会

 冒頭で議論したように、人間は計算が得意ではないし、曇りのない目でデータを観察し続けるのも苦手とするところです。一方で、仮説を立てて仕組みを創造することについては、それなりの適性を持っているように思えます。人工知能の議論は現在、ややもするといかに人間がそこからサービスを享受するのか、消費の観点から語られがちですが、人間の長所を活かすことを考えれば、いかにそれを創造に活用するかを考える方がずっと魅力的です。創造の道具として人工知能を活用することを考えるのであれば、おのずとそこに多様性が求められます。よりよい創造のためには、道具としての人工知能の性質をより深く知悉することも必要になるでしょう。ちょうど現在、日本国内でも、コンピュータを使いこなすためのプログラミング教育の強化が遅まきながら議論され始めていますが、人工知能についても同様に検討を始めることが求められます。過度なブラックボックス化を防ぎ、権力による人工知能のコントロールに対抗し、創造的に使いこなすことのできる人材を多く育てることで、人工知能の持つ力をより善く社会に行き渡らせることが、人間社会を存続させる上で必要なのではないかと考えます。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.6.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 特任教授
  • 小林 良樹
画像処理技術は、より安全と公平を社会にもたらす

2020.4.22

画像処理技術は、より安全と公平を社会にもたらす

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 宮本 龍介
がんの検査だけじゃない! ヒ素を無毒化する線虫にも注目!

2020.3.4

がんの検査だけじゃない! ヒ素を無毒化する線虫にも注目!

  • 明治大学 農学部 専任講師
      科学技術振興機構 さきがけ研究者(兼任)
  • 新屋 良治
人型ロボット、ヒューマノイドが私たちを救う!!

2020.2.19

人型ロボット、ヒューマノイドが私たちを救う!!

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 橋本 健二

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

2020.06.03

移民を引き寄せるアメリカの魅力が、日本にはあるか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム