明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

人工知能を作ることから始まる現代のものづくり

明治大学 理工学部 准教授 金子 弘昌

人を凌駕する人工知能を作るのも、人

 人工知能が成長し続けると、人の能力を超えて暴走するようなイメージ、いわゆるシンギュラリティが現実に起こるような議論が盛んだった時期があります。

 そのようなことが本当に起こるのか、それはわかりませんが、人工知能に対して、そうした漠然とした不安や恐れを抱いている人も多いのではないでしょうか。

 しかし、人工知能はすでに社会の様々な分野で活躍しています。その多くは人の活動をサポートする立場、いわば縁の下の力持ちなので、あまり知られていないかもしれません。

 データ化学工学において作られる人工知能も、人にとって多大な労力を要する実験をより効率的にするためのサポートとして機能しています。その能力は人を凌駕しているといっても良いでしょう。

 しかし、そんな人工知能を作るのは、私たちなのです。つまり、人にとって大変な作業である、ものの開発や生産の設計をする人工知能を、設計するのは人なのです。

 その意味では、まず、私たち研究者が、人工知能にどういった仕事をさせ、そのためにはどういった学習をさせ、それにはどういったデータが必要なのかをしっかり定めることが重要です。

 そして、成長していく人工知能を検証し、評価することが大切です。私たちが間違わなければ、人工知能も暴走しないのです。

 その意味では、一般のみなさんが、私たちのような研究者がなにを行っているのか、その情報に関心をもち、注目することも、とても大切なことではないかと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

便利なロボットは人の不便から生まれる

2020.8.19

便利なロボットは人の不便から生まれる

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 加藤 恵輔 
人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.7.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小松 孝徳
インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.6.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 特任教授
  • 小林 良樹
画像処理技術は、より安全と公平を社会にもたらす

2020.4.22

画像処理技術は、より安全と公平を社会にもたらす

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 宮本 龍介

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.09.23

コロナ渦を都市政策の歴史的な転換点に

2020.09.16

これからは内部通報を促す企業が力をつける

2020.09.09

土壌は資源であり、持続的な活用のためには知恵が必要

2020.09.02

データサイエンティストにとって、データ分析は結論ではない

2020.08.26

人工知能を作ることから始まる現代のものづくり

人気記事ランキング

1

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2020.09.23

コロナ渦を都市政策の歴史的な転換点に

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2020.09.16

これからは内部通報を促す企業が力をつける

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム