明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

画像処理技術は、より安全と公平を社会にもたらす

宮本 龍介 宮本 龍介 明治大学 理工学部 専任講師

スポーツの自動審判も可能になる

宮本 龍介 これでは、画像処理技術が向上して素晴らしい技術になっても、社会に導入するのは難しいと思われてしまうかもしれません。

 でも、そんなことはなく、実は、様々な分野ですでに実用化も進んでいます。

 私たちの身近なところでは、スポーツにおける新たな楽しみ方や、審判の自動化があります。

 例えば、野球やテニス、ゴルフなどの様々な球技で、球の軌道を映像化して見せたり、サッカーでは選手の走行距離やプレイエリアなどをデータとして表示するなど、観戦の新たな楽しみを与えてくれるようになっています。そこには画像処理技術が活かされているのです。

 また、アメリカのMLBではstatcast(スタットキャスト)というシステムが活用されています。

 それは、当初は、選手やボール、バットなどの動きを計測して数値化し、コーチングに活かすシステムでしたが、いまでは、審判の自動化への活用が検討されています。

 すなわち、ストライクやボール、セーフやアウトなど、すべての判定をより正確に公平にしようということです。

 このシステムが成功すれば、他の様々な競技でも導入が考えられていくのではないかと思います。

 実際、すでに多くの競技で、ビデオを活用したジャッジが行われています。それが、審判の自動化に繋がっていくことは充分にあり得ることだと思います。

 それは、人でなければ判定できないと思われている採点競技や格闘技、武道などでも可能で、むしろ、それによって公平性が高まることはもちろん、それを受けて選手の競技レベルも向上すると思います。

 statcastでは、もともと軍事用だった弾道追尾システムや、高精度のカメラによる画像解析システムなどが応用されています。

 しかし、これも自動運転の技術と同じで、誰もが簡単に使える一般的なカメラやパソコンで画像処理をして、解析できるようになれば、プロスポーツが行われるようなスタジアムだけでなく、小さな体育館で行われるような競技会でも、自動審判が実施できるようになると思います。

 こうした新しい技術を私たちの生活に取り入れていくためには、私たち自身が技術の発展に関心をもち、メリットやデメリットを正しく知ることもとても重要だと思います。

 すなわち、その技術の導入や制度設計をしていくのは、社会に暮らす私たち一人ひとりの意識や知識のレベルだからだと思うのです。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

2021.8.5

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 矢﨑 友嗣
がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利
先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.2.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 安保 充

新着記事

2021.08.05

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

2021.08.03

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

3

2017.07.05

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム