明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

河野 菜摘子 河野 菜摘子 明治大学 農学部 准教授

精子を守るタンパク質を新発見

 私たちの研究において非常に重要な実験が、遺伝子改変動物を使っての実験です。近年、ゲノム編集の技術革新によって、遺伝子改変動物による実験は格段に身近な実験方法になりました。

 例えば、ある分子Aが受精に重要、という仮説を立てます。そこで、ゲノム編集により、Aをコードする遺伝子をノックアウト(切断)し、Aを持たないマウスをつくり、観察するのです。もし、このマウスに子どもが生まれてくれば、分子Aは必須ではないということになりますし、子どもが生まれなければ、とても重要だということが分かります。

 いま、私が注目しているのは、オスが出す精液の中の精子以外の液性成分です。この成分の中のタンパク質が、受精になんらかの機能を果たしていると考えたのです。

 そこで、このタンパク質を欠損させたマウスをつくり、観察したところ、仮説通りに子どもができませんでした。

 なぜ子どもができなくなるのかを追求していったところ、思ってもいなかったことなのですが、メスの体内で死んでいる精子が非常に多いことがわかりました。

 この結果から、私たちが注目した精液中のタンパク質は受精に直接関与しているのではなく、メスの体内で精子を守る役割があることが分かりました。

 つまり、精液中にあるタンパク質が精子を守ることで、精子はメスの免疫によって排除されずにメスの体内で生存することができる、というしくみがあるのです。実は、これは新しい発見でした。

 マウスの実験でわかったこのしくみが、ヒトにも同じようにあれば、新しい不妊治療法を行える可能性があります。

 いまの不妊治療では、精子と卵子の状態や、女性の体が妊娠可能か調べますが、精液中のタンパク質や、女性の免疫力は調べません。

 もし、精液の中にある精子を守るタンパク質が少ない、あるいは、女性の免疫力が強くて精子が短時間で死んでしまうことが受精しにくい原因であるとわかれば、より的確な治療が行えるようになります。

 例えば、人工的につくったこのタンパク質を、女性の体内に精子と一緒に入れれば、精子は女性の免疫から保護されて卵子にたどり着き、受精する確率が高まるかもしれません。

 いまは、マウスでの実験結果しかありませんが、今後は、臨床実験が行えるような共同研究を進めていきたいと考えています。

IT・科学の関連記事

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

2022.7.15

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

  • 明治大学 農学部 教授
  • 浜本 牧子
数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

2022.7.13

数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸
アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.6.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇
民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2022.5.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 栁川 鋭士
日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

2022.4.20

日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 研究特別教授
  • 萩原 一郎

新着記事

2022.08.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事