明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

明治大学 農学部 准教授 河野 菜摘子

精子を守るタンパク質を新発見

 私たちの研究において非常に重要な実験が、遺伝子改変動物を使っての実験です。近年、ゲノム編集の技術革新によって、遺伝子改変動物による実験は格段に身近な実験方法になりました。

 例えば、ある分子Aが受精に重要、という仮説を立てます。そこで、ゲノム編集により、Aをコードする遺伝子をノックアウト(切断)し、Aを持たないマウスをつくり、観察するのです。もし、このマウスに子どもが生まれてくれば、分子Aは必須ではないということになりますし、子どもが生まれなければ、とても重要だということが分かります。

 いま、私が注目しているのは、オスが出す精液の中の精子以外の液性成分です。この成分の中のタンパク質が、受精になんらかの機能を果たしていると考えたのです。

 そこで、このタンパク質を欠損させたマウスをつくり、観察したところ、仮説通りに子どもができませんでした。

 なぜ子どもができなくなるのかを追求していったところ、思ってもいなかったことなのですが、メスの体内で死んでいる精子が非常に多いことがわかりました。

 この結果から、私たちが注目した精液中のタンパク質は受精に直接関与しているのではなく、メスの体内で精子を守る役割があることが分かりました。

 つまり、精液中にあるタンパク質が精子を守ることで、精子はメスの免疫によって排除されずにメスの体内で生存することができる、というしくみがあるのです。実は、これは新しい発見でした。

 マウスの実験でわかったこのしくみが、ヒトにも同じようにあれば、新しい不妊治療法を行える可能性があります。

 いまの不妊治療では、精子と卵子の状態や、女性の体が妊娠可能か調べますが、精液中のタンパク質や、女性の免疫力は調べません。

 もし、精液の中にある精子を守るタンパク質が少ない、あるいは、女性の免疫力が強くて精子が短時間で死んでしまうことが受精しにくい原因であるとわかれば、より的確な治療が行えるようになります。

 例えば、人工的につくったこのタンパク質を、女性の体内に精子と一緒に入れれば、精子は女性の免疫から保護されて卵子にたどり着き、受精する確率が高まるかもしれません。

 いまは、マウスでの実験結果しかありませんが、今後は、臨床実験が行えるような共同研究を進めていきたいと考えています。

IT・科学の関連記事

軽い!強い!錆びない!次世代構造材CFRPの用途を広げる

2020.1.22

軽い!強い!錆びない!次世代構造材CFRPの用途を広げる

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 岩堀 豊
音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 森勢 将雅
再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

2019.10.30

再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 相澤 守
生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.8.7

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 本田 みちよ
使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.7.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 渡邊 恵太

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

2020.02.05

運動は身体だけでなく頭の健康寿命ものばす

2020.01.29

美術品の価格が分かると、国の文化度が上がる!?

2020.01.22

軽い!強い!錆びない!次世代構造材CFRPの用途を広げる

2020.01.15

自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ有効な支援プログラムがある

人気記事ランキング

1

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

2

2019.01.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

3

2020.02.05

運動は身体だけでなく頭の健康寿命ものばす

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム