明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

河野 菜摘子
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

河野 菜摘子

明治大学 農学部 准教授

研究分野
動物生殖科学、分子細胞生物学
研究テーマ
オスとメスの分子生物学―体内受精におけるオス精漿タンパク質の機能解析
主な著書・論文
  • Deletion of a Seminal Gene Cluster Reinforces a Crucial Role of SVS2 in Male Fertility. IJMS 20(18), 4557, (2019)
  • Creation of CRISPR-based germline-genome-engineered mice without ex vivo handling of zygotes by i-GONAD. Nature protocols 14(8),2452-2482, (2019)
  • Seminal vesicle protein SVS2 is required for sperm survival in the uterus. PNAS 111(11): 4145-4150, (2014)
  • Absence of CD9 reduces endometrial VEGF secretion and impairs uterine repair after parturition. Scientific Reports, 4, (2014)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.03.10

ヨーロッパ型多拠点居住は私たちにとっても魅力的

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム