明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

不妊治療の解決は、精子の「ステルス化」から!?

河野 菜摘子 河野 菜摘子 明治大学 農学部 准教授

河野菜摘子【教員プロフィール】
河野 菜摘子(かわの なつこ)
明治大学 農学部 生命科学科 准教授
専門は動物生殖科学と分子細胞生物学。なかでも、謎に包まれている哺乳類の受精メカニズムの研究をしています。体内受精の科学的な仕組みを明らかにすることによって、より負担の軽い不妊治療の方法を模索したいと考えています。

科学の力で、女性をもっと自由にしたい

河野菜摘子 不妊に悩むカップルは、年々増加しています。保険適用の検討もされていますが、金銭的負担以外にも課題は山積み。そもそも、体内受精の仕組みには未知の部分があります。そのため治療法は限られ、とくに女性に大きなストレスをかけてしまうのです。たとえば、なぜ精子は母体内で生き延びることができるのか? 実は、完全には分かっていません。

 河野先生は、哺乳類の受精メカニズムを解明することで、不妊治療の選択肢を増やそうとしています。注目したのは、精子を「ステルス化」する成分でした——。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

研究紹介アニメーションの関連記事

「法律を破った人」と、共に生きるということ

2021.3.29

「法律を破った人」と、共に生きるということ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 上野 正雄
自分のエネルギーは自分でつくる、無給電自立型電力源

2021.3.18

自分のエネルギーは自分でつくる、無給電自立型電力源

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 小椋 厚志
社会課題に向き合う、金融データサイエンティスト

2021.3.15

社会課題に向き合う、金融データサイエンティスト

  • 明治大学 総合数理学部 現象数理学科 教授
  • 乾 孝治
あなたの理想を形にする、対話型進化計算

2021.3.8

あなたの理想を形にする、対話型進化計算

  • 明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科教授
    クリエイティブインタラクション研究所長
  • 荒川 薫
バイオマテリアルが、健康寿命を延ばす

2021.2.16

バイオマテリアルが、健康寿命を延ばす

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 相澤 守

新着記事

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.03.10

ヨーロッパ型多拠点居住は私たちにとっても魅力的

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

リレーコラム