明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

熟成肉を手軽に!? エイジングシートがフードロスを救う

村上 周一郎 村上 周一郎 明治大学 農学部 教授

村上 周一郎【教員プロフィール】
村上 周一郎(むらかみ しゅういちろう)
明治大学農学部 農芸化学科 微生物化学研究室 教授
専門は応用微生物学。自然界に存在する微生物を研究し、様々なテーマに応用。微生物を用いた地球温暖化ガスの削減、菌を利用した発酵食品、微生物酵素による機能性オリゴ糖の生産など、面白いと思ったものに何でも挑戦するジェネラリスト。

捨てられていた食べ物を、美味しくいただく“微生物の魔法”

村上 周一郎 まだ食べることができるにもかかわらず、捨てられてしまう食品を“フードロス(食品ロス)”といいます。毎年世界で13億トンもの食べられる食品が廃棄され、日本では一年間に600万トン以上と推計されるフードロス。もったいないだけでなく、環境にも負担をかけています。

 でも、微生物学を研究する村上先生が企業と開発した「エイジングシート」なら、この問題を解決に導くかもしれません。それは、肉や魚の保存期間を伸ばし、さらに風味や食感を良くして美味しくするという、まるで“魔法”のような布。ヒントは、菌と酵素の働きである“熟成”です。そんな微生物が躍動する世界をのぞいてみましょう。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

研究紹介アニメーションの関連記事

金融リテラシー底上げの鍵は、キャッシュレスにあり

2021.4.15

金融リテラシー底上げの鍵は、キャッシュレスにあり

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 小早川 周司
「法律を破った人」と、共に生きるということ

2021.3.29

「法律を破った人」と、共に生きるということ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 上野 正雄
不妊治療の解決は、精子の「ステルス化」から!?

2021.3.23

不妊治療の解決は、精子の「ステルス化」から!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 河野 菜摘子
自分のエネルギーは自分でつくる、無給電自立型電力源

2021.3.18

自分のエネルギーは自分でつくる、無給電自立型電力源

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 小椋 厚志
社会課題に向き合う、金融データサイエンティスト

2021.3.15

社会課題に向き合う、金融データサイエンティスト

  • 明治大学 総合数理学部 現象数理学科 教授
  • 乾 孝治

新着記事

2021.12.02

興味の範囲を広げて、新たな考え方を得よう

2021.12.01

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

2021.11.30

自分の真理を追求し、イノベーションを生み出そう

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

2021.11.25

考え方や行動の基盤となる“軸”を持とう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2019.11.19

#4 日本のアニメの特徴って?

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2021.12.01

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

リレーコラム