明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

バイオマテリアルが、健康寿命を延ばす

相澤 守 相澤 守 明治大学 理工学部 教授

相澤 守【教員プロフィール】
相澤 守(あいざわ まもる)
明治大学 理工学部 応用化学科 生体関連材料研究室 教授
専門は生体材料(バイオマテリアル)と組織工学。意識しているのは、人々の生活の質=QOLを上げるための積極的な医工連携と産学連携です。様々な企業と共同研究しながら、最先端医療にも貢献する新たな材料の開発に取り組んでいます。

医療の進歩に欠かせない“縁の下の力持ち”

相澤 守 「バイオマテリアル」は、人体の失われた機能を回復させるために移植する材料で、欠損した骨を補う「人工骨」もその一種。白っぽいブロックのような形をしており、実際に医療現場で用いられています。ですが、手術で身体にメスを入れるなど、とくに高齢者には負担になってしまう欠点も。

 そこで相澤先生たちが開発したのが、身体を傷つけず、体内に吸収される新型の「ペースト状人工骨」でした。医療の進歩を支える、細胞組織のエンジニアリング。そんな“縁の下の力持ち”にフォーカスしてみましょう。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

研究紹介アニメーションの関連記事

金融リテラシー底上げの鍵は、キャッシュレスにあり

2021.4.15

金融リテラシー底上げの鍵は、キャッシュレスにあり

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 小早川 周司
「法律を破った人」と、共に生きるということ

2021.3.29

「法律を破った人」と、共に生きるということ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 上野 正雄
不妊治療の解決は、精子の「ステルス化」から!?

2021.3.23

不妊治療の解決は、精子の「ステルス化」から!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 河野 菜摘子
自分のエネルギーは自分でつくる、無給電自立型電力源

2021.3.18

自分のエネルギーは自分でつくる、無給電自立型電力源

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 小椋 厚志
社会課題に向き合う、金融データサイエンティスト

2021.3.15

社会課題に向き合う、金融データサイエンティスト

  • 明治大学 総合数理学部 現象数理学科 教授
  • 乾 孝治

新着記事

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

2021.09.30

新しいことに挑戦し、自分のスタイルを確立しよう

人気記事ランキング

1

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

2

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム