明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

紙幣を持ち歩くのは時代遅れ!?

明治大学 政治経済学部 准教授 小早川 周司

近年、新しい技術を活かした金融サービスの創出を指すフィンテック(FinTech)が、大きな注目を集めています。仮想通貨もそのひとつですが、私たちの生活のキャッシュレス化を進める技術もそのひとつです。世界を見ると、キャッシュレス化が相当進んでいる国もあり、日本はむしろ遅れています。これからは、身近なキャッシュレス手段を使いながら、フィンテックへの関心を高め、金融リテラシーの向上につなげていくことが大切です。

金融リテラシーを培おう

小早川 周司 一時期、仮想通貨は儲かるという話が一人歩きし、そこに、どういった技術が導入され、どういった用途で使われているのか、しっかりと理解しないまま、特に若い人たちが飛びつくという現象が起きました。日本では、貯蓄から投資へという流れが進まない中で、フィンテックを活用した新しい金融サービスが広がるのは、基本的には歓迎すべきことだと思います。例えば、家計の金融資産全体の中で、安全資産である現金・預金が占める割合は50%以上です。これでは、経済の活性化や新しいことへのチャレンジが起きにくい社会となってしまいます。その一方で、仮想通貨が儲かりそうだとか、あるいは、FX(外国為替証拠金取引)が儲かるという話が出ると、若い人や家庭の主婦が飛びつきました。海外では、FXに投資する日本の主婦のことを「Mrs.ワタナベ」と言い、なぜ一般の投資家がリスクの高い外為取引に手を出すのかが理解できないという声を聞くこともあります。つまり、日本人の資産運用は非常に両極端で、投資信託を活用したNISAのようなミドルリスクを組合わせて、ポートフォリオ全体としてのリスクとリターンをしっかりと考えない傾向があります。それは、私たち生活者に金融リテラシーが培われていないからだと思います。今は、新しい技術を応用した付加価値の高い金融サービスが生まれる過渡期にあります。そのなかで、私たちが、しっかりと情報のアンテナを張り、金融サービスや金融商品の中身についての知識を深めていくことはとても重要だと思います。身の周りのフィンテックに慣れ親しんでいくことによって、小難しいと思われがちな金融への理解を深めるきっかけになるのではないでしょうか。

IT・科学の関連記事

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 河野 菜摘子
音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 森勢 将雅
再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

2019.10.30

再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 相澤 守
生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.8.7

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 本田 みちよ
使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.7.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 渡邊 恵太

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2020.01.15

自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ有効な支援プログラムがある

2019.12.18

グローバルとローカルの出会いを幸せにするグローカリゼーション

2019.12.11

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

2019.11.27

博物館や美術館には、新たな発見や不思議な出会いが満ちている

人気記事ランキング

1

2020.01.15

自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ有効な支援プログラムがある

2

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2016.05.23

インバウンドとアウトバウンドが逆転した日本が、 観光立国へ向けて…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム