明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

紙幣を持ち歩くのは時代遅れ!?

明治大学 政治経済学部 准教授 小早川 周司

日本のキャッシュレスに向けた取組み:ユーザーに「ワォ!」を

小早川 周司 それに比べて日本では、銀行や郵貯のネットワークが全国に行き渡り、ATMがどこにでもあります。国民の9割以上が預貯金の口座をもっていて、ある意味、こうした現状に満足していて、このシステムをより新しいものに変えていこうという思いが生まれにくくなっています。その一方で、キャッシュレス化は、銀行などが提供する従来のサービスでは応えられないユーザーの利便性向上につながる、という側面もあるのです。実際、中国のアリペイもウィーチャットペイも運営会社はIT関連企業です。スマホで決済するという発想はIT関連企業ならではの取組みであり、ノンバンクだからこそ、ユーザーの利便性を追求したサービスを提供できたともいえます。日本でも、パスモやスイカなどの電子マネーが駅の改札だけでなく、駅構内の売店やコンビニでも使えるようになっていますが、スマホをさらに活用して、私たちの日常生活により密接かつシームレスなサービスを提供するようになると、キャッシュレス化が一気に広がるかもしれません。その意味では、QRコード規格の統一に向けた動きは注目すべきでしょう。現在は、コンビニのカウンターに決済手段毎の専用の端末が並んでいるような状況ですが、QRコードを利用すれば、店舗側は専用の端末を設置する必要がないため、手数料負担を軽減できるほか、ユーザーもスマホでQRコードを読み取れば決済が完了するため、財布から紙幣やクレジットカードを取り出す必要がなく、お互いにメリットがあるといえます。さらに、こうした決済手段が私たちの生活によりシームレスなサービスを提供するようになれば、利便性の向上を実感できるようになるでしょう。ユーザーに「ワォ!」という感動をもたらす――フィンテックを使ったキャッシュレス化にはそうした潜在力があります。

 キャッシュレス化は、アジアだけでなく、ヨーロッパでも広がっています。スウェーデンでは、モバイルペイメント(スマホなどのモバイル端末による電子決済サービス)が定着し、市民は日々の生活で紙幣を持ち歩くということがほとんどないようです。国立銀行のリクスバンクでは、紙幣を補完するためeクローナという、中央銀行が発行するデジタル通貨を検討しています。キャッシュレス社会は世界の潮流といえるでしょう。日本でも様々な検討や取組みが始まっていることに、私たち生活者も関心をもつことが欠かせないと思います。

IT・科学の関連記事

あなたは、得があれば個人情報を差し出しますか?

2020.12.9

あなたは、得があれば個人情報を差し出しますか?

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 城田 慎一郎
脳の活動を可視化することで、人は新たな自分に変われる

2020.11.18

脳の活動を可視化することで、人は新たな自分に変われる

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 小野 弓絵
私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2020.11.4

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 川南 剛
人工知能を作ることから始まる現代のものづくり

2020.8.26

人工知能を作ることから始まる現代のものづくり

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 金子 弘昌
便利なロボットは人の不便から生まれる

2020.8.19

便利なロボットは人の不便から生まれる

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 加藤 恵輔 

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2021.01.20

日韓関係は韓国の歴史を知ることで見え方が変わってくる

2021.01.13

動物の移動や行動がわかると、効果的な環境保全もわかってくる

2020.12.23

「源氏物語」は批判精神に充ちた「硬派」の物語!?

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2020.12.09

あなたは、得があれば個人情報を差し出しますか?

人気記事ランキング

1

2021.01.20

日韓関係は韓国の歴史を知ることで見え方が変わってくる

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム