明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

紙幣を持ち歩くのは時代遅れ!?

明治大学 政治経済学部 准教授 小早川 周司

キャッシュレス化が進む中国

 世界に目を向けると、実は、フィンテックを活かしたイノベーションは、私たち一般生活者の日々の支払いにおけるキャッシュレス化に顕著に現われています。例えば、中国では、QRコード(二次元コード)を使った非接触型決済サービスであるアリペイ(Alipay)とか、メッセンジャーのモバイルアプリであるウィーチャットペイ(WeChatPay)と呼ばれる支払手段が社会に浸透し、キャッシュレス化が驚異的なスピードで進行しています。街角の市場で買物をするときでも、博物館に入館するときでも、店や施設のQRコードを自分のスマホで読み取れば、決済が完了します。また、こうしたアプリを使えば、友人への送金ができるほか、タクシーの配車や映画チケットの手配から決済までを途切れなくシームレスに行うことができます。つまり、中国の人たちは、日々の買物などの支払いの際に、財布を取り出し紙幣を数えて渡し、おつりをもらう、というような手間がかからない、非常に利便性の高い決済サービスを利用しているということです。

 このようなキャッシュレス化の動きは中国だけでなく、韓国や東南アジア諸国でも起きています。その大きな理由としては、スマホやインターネットを活用することによって、金融サービスが提供できるようになったことが挙げられます。例えば、中国の奥地に暮らす人たちは、いままで金融サービスにアクセスしづらく、不便な生活を強いられていました。その対策として従来考えられていたのが、銀行の支店やATMネットワークを全国津々浦々に展開することです。しかし、そのためには膨大な資金や労力が必要になりますし、それに見合う収益が上げられるのかも疑問です。ところが、そうした地域でもスマホが普及しました。インターネットにもアクセスできるようになりました。そこで、スマホを使った技術により、決済サービスを提供するという発想が生まれたのです。あらゆる人々に安定的な金融サービスを提供することを金融包摂、ファイナンシャル・インクルージョン(financial inclusion)といいますが、これは中国政府にとっても重要な政策課題です。それが、フィンテックと民間IT企業の活力によって打開策が見えたことで、一気に進展させることができたのだと思います。

IT・科学の関連記事

あなたは、得があれば個人情報を差し出しますか?

2020.12.9

あなたは、得があれば個人情報を差し出しますか?

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 城田 慎一郎
脳の活動を可視化することで、人は新たな自分に変われる

2020.11.18

脳の活動を可視化することで、人は新たな自分に変われる

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 小野 弓絵
私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2020.11.4

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 川南 剛
人工知能を作ることから始まる現代のものづくり

2020.8.26

人工知能を作ることから始まる現代のものづくり

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 金子 弘昌
便利なロボットは人の不便から生まれる

2020.8.19

便利なロボットは人の不便から生まれる

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 加藤 恵輔 

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2021.01.20

日韓関係は韓国の歴史を知ることで見え方が変わってくる

2021.01.13

動物の移動や行動がわかると、効果的な環境保全もわかってくる

2020.12.23

「源氏物語」は批判精神に充ちた「硬派」の物語!?

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2020.12.09

あなたは、得があれば個人情報を差し出しますか?

人気記事ランキング

1

2021.01.20

日韓関係は韓国の歴史を知ることで見え方が変わってくる

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2021.01.13

動物の移動や行動がわかると、効果的な環境保全もわかってくる

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム