明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

効果的な高齢者用補聴器を目指して、1/100秒の壁に挑む

村上 隆啓 村上 隆啓 明治大学 理工学部 専任講師

補聴器はなぜ普及しないのか?

 老人性難聴の特徴は、急に聞こえが悪くなるのではなく、だんだんと聞きづらくなること、そして、まず、高い音が聞こえなくなる、似た音域の音が分別できなくなる、早口の言葉が聞き取れなくなる、大きな音はいままでのように聞き取れるが小さい音が聞き取れなくなる、といった点が挙げられます。難聴を補助する道具として、補聴器がありますが、あまり普及していないのが現状です。自分は難聴者だと思う65歳以上の人で、補聴器を所有しているのは15%程度だというデータもあります。補聴器を使わない大きな理由は、補聴器をつけてもあまり効果が感じられないからだといいます。例えば、ひとりでテレビを見ているときは補聴器をつけると聞きやすいが、様々な音がある外に出ると、相変わらず聞きづらかったり、ときには、うるさすぎるのでつけない方が良いというのです。それは、メガネと比較するとわかりやすいのですが、一般的に、目が悪いというのは、光を取り入れて伝える目の水晶体の機能が悪くなるからで、それを脳に伝える網膜は衰えていません。そこで、メガネを使って取り入れる光を補正するわけです。ところが、老人性難聴の場合は、音を取り入れて伝える耳の機能は衰えておらず、取り入れた音を拾い上げて脳に伝える蝸牛の有毛細胞が衰えているのです。そこで、補聴器は、ディジタル信号処理の技術を使い、ある程度機能している有毛細胞が音を拾い上げやすくなるように様々な工夫をしているのです。しかし、小さな音が聞こえてうるさくならず、似た音域の音が分別できて、早口も聞き取れるという、老人性難聴の特徴をすべて補助するのは、非常に難しいのです。メガネによって視力を復元するように、補聴器で元の聴力を復元するのは不可能とも言われています。しかし、ディジタル信号処理の技術は進歩しています。老人性難聴に適した、より快適な補聴器を開発する取組みは様々な形で進行しています。

IT・科学の関連記事

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利
先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.2.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 安保 充
イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

2021.2.17

イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 末永 啓一郎

新着記事

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム