明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

タンシリトンチャイ ウィライラック タンシリトンチャイ ウィライラック 明治大学 国際連携機構 特任准教授

>>英語版はこちら(English)

RCEP(東アジア地域包括的経済連携)の発効にともなって、あらためて、アセアンに対する関心が高まっています。特に、メコン地域の中心的存在であるタイとの交流は、今後、ますます盛んになると言われています。一方で、私たちはタイのことをどれだけ知っているのでしょう。

「タイ」とは自由を意味する言葉

タンシリトンチャイ ウィライラック 一般的に使われているタイの名称は、「プラテート・タイ」と言い、日本語に訳すと「タイ国」となります。タイは、第2次世界大戦前の1932年からの立憲君主制国家なのです。

 では、国名になっている「タイ」の意味をご存じでしょうか。

 以前は、タイは「シャム」と呼ばれていたと思っている人もいると思いますが、これは、タイ人ではなく、外国人がこの地域を呼ぶ言い方だったのです。長い間知られていた「シャム」は1939年にタイ人が自称する現在の正式な国名「タイ」に変わったのですが、実は、もともと「タイ」には、「自由」という意味があるのです。

 このことを知っていると、タイ人の考え方、生活、習慣、行動パターンがわかってきます。

 例えば、タイ人は、基本的に、束縛とか拘束を嫌います。自分のことは自分で決めたいのです。つまり、自由にしたいのです。

 というと、とても利己的な個人主義のように思えますが、一方で、タイ人はとても人づきあいが良く、協調性も大切にしますし、謙虚でもあります。つまり、他人を尊重して束縛しないし、自分自身もされたくない、という傾向です。

 これは、タイ・スタイルの個人主義とか、タイ的自由主義と言われます。

 こうしたタイ人の考え方を象徴するもののひとつが「マイペンライ」という精神です。

 これは、様々な場面で使われます。例えば、だれかが問題を起こしたとき、「マイペンライ」と言うと、「問題ない」とか、「大丈夫」、「どうってことない」、「気にしないで」という意味になります。

 逆に、自分自身に対して言うこともあります。そのときは、「しょうがない」、「なんとかなる」というような意味です。

 この「マイペンライ」は、日本人にはなかなか理解しづらいと思います。

 例えば、日本人がタイでなんらかの問題に遭遇したとき、相手があっけらかんと「マイペンライ」などと言うと、なに言っているのだと思うでしょう。特に、最近の日本人は自己責任を追及する傾向があります。簡単に「しょうがない」、「大丈夫」などと言われたら、怒り出すかもしれません。

 でも、「マイペンライ」には、問題が起きたその状況に囚われずに、それより先のことを考えようという前向きな考え方があるのです。つまり、問題に対して自由に、柔軟に対応しようということです。

 だから、なにかをしようとするとき、日本人は時間をかけて入念に計画を立ててから始めるが、タイ人はまずやってみて、ダメだったら、そこで臨機応変に対応する、と言われます。

 もちろん、じっくり考えて実行することで物事は上手くいくと思いますが、素早く実行することが求められる場合もあります。

 そんなときは、計画や約束ごとに囚われるのではなく、その場その場で、問題に対処し、解決するスキルが求められます。それも、「タイ」という自由が培ったスキルのひとつなのです。

国際の関連記事

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 西川 和孝
差別、格差、貧困の問題と、環境の問題は繋がっている

2022.11.16

差別、格差、貧困の問題と、環境の問題は繋がっている

  • 明治大学 文学部 教授
  • 寺田 良一
ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

2022.7.20

ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 伊藤 愉
日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

2022.6.15

日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 鈴木 仁里
西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

2022.2.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 井上 貴恵

新着記事

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

2022.11.18

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

2022.11.17

環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

人気記事ランキング

1

2022.11.18

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

2

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事