明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

タンシリトンチャイ ウィライラック
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

タンシリトンチャイ ウィライラック

明治大学 国際連携機構 特任准教授

研究分野
教育学、言語学
研究テーマ
教授法、異文化理解、日タイ対照言語学の研究
【キーワード】Curriculum and Instruction
主な著書・論文
  • 「STRATEGIES OF ACADEMIC COLLABORATION REFLECTING UNIVERSITY’S IDENTITY: A CASE STUDY OF MEIJI UNIVERSITY」(共著・『Srinakharinwirot Research and Development(Journal of Humanities and Social Sciences)』・2018年)
  • 「遠隔地教育サテライトシステムを使ったタイ語教育の一例」(『日タイ言語文化研究所(日タイ言語文化研究)』・2014年)
  • 「日タイ両言語における外来語の比較-その1.現代タイ語の中の外来語」(『日タイ言語文化研究所(日タイ言語文化研究)』・2012年)
  • 「International Project Pilot Study」(共著・『The Faculty of Foreign Languages and Asian Studies, Nagoya University of Commerce and Business (NUCB Journal of Language Culture and Communication)』・2010年)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

3

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランデ…

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

連載記事