明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【61】

大学1年生の時に「タイ語の用法」を教えていただいた恩師には、出会えてよかったと思っています。

私にとってタイ語は母国語で、使えて当たり前。しかし、この授業で正しい使い方や表現方法を学び、これまでよく理解せずに使っていたことを実感したのです。

どうしてタイ語はこんなに難しいのか恩師に問うと「言語は文化で、財産で、人の価値観やその国の魅力を表すもの。難しいと思わず、貴重なものだと思いなさい」と教わりました。

この一言で言語の重要性を痛感。さらに私は大学の先生を目指していたため、学生に対して言葉を適切に使う必要があると思い、自分が発する言葉に特に気を付けるようになりました。

今はタイ人の学生に日本語を教える機会もありますが、日本語は難しいという声をよく聞きます。しかし、ひらがな、カタカナ、漢字を併用する日本語は、他にはない魅力があると思いますね。

魅力に気づくことができれば、どんな言語でももっと理解したいという気持ちが生まれるはず。そのベースになるのは、やはり母国語ではないでしょうか。

母国語を正しく理解していないと外国語の魅力に気づくことができず、その言語を使う人々の価値観、考え方への誤解も生じかねないですからね。

こうして恩師から言語の重要性を学びましたが、進路決定も恩師の一言がきっかけでした。

当時の私は、大学院への進学か就職かで悩み、決断できずにいたんです。同窓会で相談すると「決断することを恐れるよりも、決断するチャンスがないことを恐れるべき」とアドバイスされました。

この言葉に背中を押され、日本の大学院への進学を決意。今でも新たなチャレンジを前に不安が生じたら、必ず恩師の言葉を思い出し、自らを励ますようにしています。

皆さんも何かに挑戦する時は不安に思うことがあるかもしれません。しかし、チャンスがあるというのは貴重なことですから、ぜひ挑戦してみてください。一歩を踏み出さないことには、始まらないですから。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.6.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • ヨーク・ジェームズ
地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.6.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇
知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

2022.6.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 鈴木 仁里
尊敬できる人を見つけ、人生の指標にしよう

2022.6.2

尊敬できる人を見つけ、人生の指標にしよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 菊池 浩明
ロールモデルを設定し、自己成長の戦略を立てよう

2022.5.26

ロールモデルを設定し、自己成長の戦略を立てよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 栁川 鋭士

新着記事

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.06.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.06.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事