明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

辻 雄一郎 辻 雄一郎 明治大学 法学部 教授

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【20】

私は憲法や行政法を専門に、情報化社会の表現の自由などの研究をしています。研究者として一人前になるまで、たくさんの先生に教わる機会がありました。

日本でも多くの先生方に支えられ、公私ともに影響を受けてきましたが、ここではダニエル・ファーバー先生や、ウィリアム・フレッチャー先生をはじめとした、カリフォルニア大学バークレー校のロースクール留学時代の恩師をご紹介します。

一人目のファーバー先生は、憲法、環境法、気候変動を専攻されている方で、科学的見地から法律を検討する姿勢を学びました。

科学というのは、私たちが考えている事柄は間違っているかもしれないという前提に立ち、批判と考察を重ねてよりよい真理に迫っていく学問です。

実際に国会で法律を作るときにも、それが科学的な根拠に基づいているかを判断するのです。

先生からは、その判断に政治的な考えが混ざってしまわないよう、いかにしっかりと切り分けていくかを教わりました。

二人目のフレッチャー先生は、連邦裁判所の裁判官を務められ、研究に対して非常に忠実な方です。

研究は一般の方が思うほどスムーズには進まないものですが、一つひとつをしっかり積み重ねていく先生の姿勢を見て、これほどまでに徹底的に進めないと社会には研究を発信できないのだと思い知らされました。

私が今の研究者としての地位を築くことができたのも、様々な先生のもと、学問に向き合う生き方を間近で見たり、経験を積み重ねたりしたおかげだと思っています。

先生方にそのご恩をお返しするのはすぐには難しいので、私ができることといえば、恩師から受けた薫陶を心に刻み、未来を担う若者たちのサポートをしていくことかもしれません。

次の世代の人たちが成長するための機会を提供したい、という志を抱いています。

皆さんも上司や先輩から受け継いだ教えや想いなどを、後輩に伝えていってはいかがでしょうか。きっとそれが恩返しの代わりになると思いますよ。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.12.1

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 井上 達樹
行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 西川 和孝
好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 吉村 英恭
環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

2022.11.17

環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 寺田 良一
仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

2022.11.10

仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗

新着記事

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

人気記事ランキング

1

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

4

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事