明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

大里 修一 大里 修一 明治大学 農学部 准教授

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【7】

私が人生で影響を受けたのは、人ではなく、「ポマト」という、ジャガイモとトマトの細胞を融合した植物です。

中学1年生のとき、参考書の隅っこに載っていたコラムでその存在を知りました。

当時は、バイオテクノロジーブームのはしりで、その基盤技術の1つである細胞融合と、それによって生まれたポマトが紹介されていたのです。

その頃の私は、理科は大好きだったものの、田舎が苦手で、自然や生き物に対してほとんど興味はなかったのですが、ポマトのように色々な細胞を合体させてみたら面白そうだと感じ、中学生ながらも漠然と研究者を志すようになりました。

その願いが叶い、現在は研究者として活動しています。

いまだに細胞融合が好きなのか、耐病性育種の研究でも、植物病原菌の研究でも、不思議とそちらの方向に展開することが多いです。

最初にポマトを知ったときの感動が、色あせていないのかもしれません。ポマトは、人生の道しるべとなりました。

私にとってのポマトのように、読者の皆さんも夢中になれるものがきっとあるはずです。

「面白い!」「やってみたい!」という気持ちは、目標に向かい続ける原動力になると思いますよ。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

2021.4.8

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

2021.3.25

大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
#4 えん罪ってなぜ起こるの?

2021.3.19

#4 えん罪ってなぜ起こるの?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 黒澤 睦
「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

2021.3.18

「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 飯嶋 曜子
#3 日本では取り調べに弁護士を呼べない?

2021.3.16

#3 日本では取り調べに弁護士を呼べない?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 黒澤 睦

新着記事

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.03.10

ヨーロッパ型多拠点居住は私たちにとっても魅力的

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

リレーコラム