明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

売場の陳列や価格を観察し、消費者心理を捉えよう

中嶋 晋作 中嶋 晋作 明治大学 農学部 専任講師

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【65】

私は農業経済学を研究していますが、普段からスーパーなどの小売店の陳列棚をよく見るようにしています。

商品がどのように並べられているのか、どのような価格で売られているのか、消費者の購買行動や消費者心理を考える上で、研究のヒントになるからです。

たとえば、昨今のコロナ禍の状況下では、マスクに注目していました。

店頭でもネットでも品切れという深刻なマスク不足の状態から、コンビニに常時マスクが置かれるような状態になったときに、初めて供給が追いついてきたといえると思います。ドラッグストアとコンビニではマスク不足の解消にラグがありましたが、最近ではもう普通に見かけるようになりましたね。

このように、絶えず世の中の動きに触角を張りながら物を見るというのは、とても大事なことです。

また、商品の並べ方ひとつをとっても、お店では消費者の動線を考慮した配置が行われており、たとえば、農家の方が全然関係のない靴屋の展示方法からヒントを得て、直売所の野菜の並べ方に活かせることもあります。

消費者が選んで物を買う時代では、いくら農家がこだわりをもって育てたおいしい野菜でも、ただ並べておくだけでは売れません。

農家の方も消費者の購買意欲をかき立てる陳列方法を知っていれば、自分たちの仕事に役立てることができると思うのです。

ぜひ皆さん、消費者が購入する現場に行ってみて、そこでどんな陳列や販売の取り組みが行われているのかを見てください。

自分の業種はもちろん、他業種の現場を体感してみることで、新しいアイデアや発想に繋がるヒントが得られると思いますよ。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

様々な知識を掛け合わせ、新しいものを生み出そう

2021.12.23

様々な知識を掛け合わせ、新しいものを生み出そう

  • 明治大学 法学部 専任講師
  • 小林 史明
自分を導いてくれる出会いを大切にしよう

2021.12.16

自分を導いてくれる出会いを大切にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 本多 貴之
時には相手の立場になって考えてみよう

2021.12.9

時には相手の立場になって考えてみよう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 佐藤 智恵
興味の範囲を広げて、新たな考え方を得よう

2021.12.2

興味の範囲を広げて、新たな考え方を得よう

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 宮田 憲一
自分の真理を追求し、イノベーションを生み出そう

2021.11.30

自分の真理を追求し、イノベーションを生み出そう

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 西 剛広

新着記事

2022.01.14

日本人は本当のM&Aをまだ知らない!?

2021.12.23

様々な知識を掛け合わせ、新しいものを生み出そう

2021.12.22

法律は「物語」からできている!?

2021.12.16

自分を導いてくれる出会いを大切にしよう

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.12.22

法律は「物語」からできている!?

5

2022.01.14

日本人は本当のM&Aをまだ知らない!?

リレーコラム