明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

テレワークのときこそ“対話”する機会を作ろう

加藤 雅彦 加藤 雅彦 明治大学 農学部 准教授

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【59】

私は土壌学を専門にしています。研究のアイデアの源は、現場で“もの”(土壌)をみることが重要ですが、同様に重要なのが研究者(大学・公的機関・企業)や学生との対話(ディスカッションと雑談の中間くらいのイメージ)です。

研究者との対話では、自分が知らない問題点や課題などを教わることができます。その課題と自身のバックグラウンドを合わせて考えることで、新たな研究テーマが生まれることもあります。

また、学生との対話を通して、思いがけない気付きも得られます。

学生は知識や経験の蓄えが少ないため、ときに突拍子もない意見を言ったりします。

しかし、研究テーマAについて話していたときにはなんとも思わなかった意見が、研究テーマBを考えているときに「さっきの学生の意見を活かせそうだな」と、繋がることが割とあるのです。

私の場合、ひとりで悶々と考えていてアイデアが浮かぶというよりも、人とのコミュニケーションの中から発想に結び付くことが圧倒的に多いと思います。

ビジネスの世界でも同様に、色々な立場の人たちと話をすることで、課題解決のヒントが見つかることもあるのではないでしょうか。

いま、新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを行うようになった企業が増えています。現状では過去のコミュニケーションの貯金を活かすことで、うまく回せている部分があると思います。

これが定着していき、新入社員にもほとんど会ったことがないような感じが続くと、徐々に社内の“対話”も少なくなるのではないでしょうか。

何かを生み出すような部署では、アイデアの種を育むためにも、あえて“対話”をする機会を作っていく必要があるかもしれませんね。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

ときには、自分の“原体験”を振り返ってみよう

2021.6.24

ときには、自分の“原体験”を振り返ってみよう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 川口 太郎
同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.6.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

  • 明治大学 法学部 特任教授(2021年3月退任)
  • 森際 康友
受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.6.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.6.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.6.3

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一

新着記事

2021.06.24

ときには、自分の“原体験”を振り返ってみよう

2021.06.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

人気記事ランキング

1

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

5

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

リレーコラム