明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

現場の声を聞き、現場の立場で、物事を考えよう

片野 洋平 片野 洋平 明治大学 農学部 准教授

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【38】

私は所有者不明土地の問題を研究していますが、実際に現場に行ってみないと、地域の人たちがどんな風に、何について困っているのか、わからないことがあります。

優秀な人は、頭で物を考え、理論から現実を想定していきますが、私自身はどちらかというとガテン系なので、現場を見ることによって「こういうことなんだ」と理解するきっかけができます。

実は所有者不明土地の問題は古くからあったものでしたが、学問的には空き家問題、耕作放棄地問題、荒廃した山林問題と、3つに分けて管理されていました。

また、省庁も家の問題は国土交通省で、農地の問題は農林水産省、山林は農林水産省の中の林野庁と、問題の捉え方が縦割り的でした。

しかしこれは空き家を持っていて、耕作放棄地も持っていて、荒廃した山林も持っている所有者からすると「全部俺のいらない土地」なんです。地域社会では、家屋があれば農地がある、というように、同時に複数の資産を持っていることは珍しくありません。

それら放置された資産をひとつの「放置財」として捉え、最初に色々分析をしようとしたのが私だったと思うのです。この発想は、地域に行かなければ出てこなかったものでした。

ビジネスの世界でも同様かもしれません。

自分たちの商品やサービスが使われる現場に行ってみて、初めてわかることがきっとあるはずです。現場に通い、現場の声を聞き、現場の立場から、常識に従い考えてみると案外よいのではないでしょうか。

汗をかいて得た情報から、仕事に役立つアイデアが生まれるかもしれませんよ。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

経験と経験を組み合わせ、突破口を見出そう

2022.9.29

経験と経験を組み合わせ、突破口を見出そう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 堀田 秀吾
時には立ち止まり、待つことをもっと意識しよう

2022.9.22

時には立ち止まり、待つことをもっと意識しよう

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 吉松 梓
人間力を高めて、魅力あふれる人を目指そう

2022.9.15

人間力を高めて、魅力あふれる人を目指そう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 本所 靖博
失敗を恐れない、チャレンジ精神を養おう

2022.9.8

失敗を恐れない、チャレンジ精神を養おう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 佐々木 羊介
語彙力を鍛え、言葉の優れた使い手になろう

2022.9.1

語彙力を鍛え、言葉の優れた使い手になろう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 矢内 賢二

新着記事

2022.09.29

経験と経験を組み合わせ、突破口を見出そう

2022.09.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

2022.09.22

時には立ち止まり、待つことをもっと意識しよう

2022.09.21

すべての子どもに、たくさんのキャンプを体験してほしい

2022.09.15

人間力を高めて、魅力あふれる人を目指そう

人気記事ランキング

1

2022.09.21

すべての子どもに、たくさんのキャンプを体験してほしい

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.09.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

4

2015.06.01

経済のサービス化の意味 ―求められるモノからコトへの構造転換―

5

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

連載記事