明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

現場の声を聞き、現場の立場で、物事を考えよう

明治大学 農学部 准教授 片野 洋平

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【38】

私は所有者不明土地の問題を研究していますが、実際に現場に行ってみないと、地域の人たちがどんな風に、何について困っているのか、わからないことがあります。

優秀な人は、頭で物を考え、理論から現実を想定していきますが、私自身はどちらかというとガテン系なので、現場を見ることによって「こういうことなんだ」と理解するきっかけができます。

実は所有者不明土地の問題は古くからあったものでしたが、学問的には空き家問題、耕作放棄地問題、荒廃した山林問題と、3つに分けて管理されていました。

また、省庁も家の問題は国土交通省で、農地の問題は農林水産省、山林は農林水産省の中の林野庁と、問題の捉え方が縦割り的でした。

しかしこれは空き家を持っていて、耕作放棄地も持っていて、荒廃した山林も持っている所有者からすると「全部俺のいらない土地」なんです。地域社会では、家屋があれば農地がある、というように、同時に複数の資産を持っていることは珍しくありません。

それら放置された資産をひとつの「放置財」として捉え、最初に色々分析をしようとしたのが私だったと思うのです。この発想は、地域に行かなければ出てこなかったものでした。

ビジネスの世界でも同様かもしれません。

自分たちの商品やサービスが使われる現場に行ってみて、初めてわかることがきっとあるはずです。現場に通い、現場の声を聞き、現場の立場から、常識に従い考えてみると案外よいのではないでしょうか。

汗をかいて得た情報から、仕事に役立つアイデアが生まれるかもしれませんよ。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatena

連載コラムの関連記事

世代間のギャップこそ新時代へのヒントにしよう

2020.8.6

世代間のギャップこそ新時代へのヒントにしよう

  • 明治大学 国際日本学部 特任教授
  • 沼田 優子
世代や知識を問わず、様々な人の話を聞いてみよう

2020.7.30

世代や知識を問わず、様々な人の話を聞いてみよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 瀬戸 義哉
メモを取るのをやめて、思考を突き詰めてみよう

2020.7.27

メモを取るのをやめて、思考を突き詰めてみよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小松 孝徳
#5 私たちにできることとは?

2020.7.17

#5 私たちにできることとは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
疑問や課題をメモにして整理し、可視化しよう

2020.7.16

疑問や課題をメモにして整理し、可視化しよう

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 原田 将

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

2020.07.29

お金について学ばないことで失う機会は大きい

2020.07.22

人類の危機を救う植物の秘めた力を解き明かす

2020.07.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

4

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム