明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

現場の声を聞き、現場の立場で、物事を考えよう

片野 洋平 片野 洋平 明治大学 農学部 准教授

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【38】

私は所有者不明土地の問題を研究していますが、実際に現場に行ってみないと、地域の人たちがどんな風に、何について困っているのか、わからないことがあります。

優秀な人は、頭で物を考え、理論から現実を想定していきますが、私自身はどちらかというとガテン系なので、現場を見ることによって「こういうことなんだ」と理解するきっかけができます。

実は所有者不明土地の問題は古くからあったものでしたが、学問的には空き家問題、耕作放棄地問題、荒廃した山林問題と、3つに分けて管理されていました。

また、省庁も家の問題は国土交通省で、農地の問題は農林水産省、山林は農林水産省の中の林野庁と、問題の捉え方が縦割り的でした。

しかしこれは空き家を持っていて、耕作放棄地も持っていて、荒廃した山林も持っている所有者からすると「全部俺のいらない土地」なんです。地域社会では、家屋があれば農地がある、というように、同時に複数の資産を持っていることは珍しくありません。

それら放置された資産をひとつの「放置財」として捉え、最初に色々分析をしようとしたのが私だったと思うのです。この発想は、地域に行かなければ出てこなかったものでした。

ビジネスの世界でも同様かもしれません。

自分たちの商品やサービスが使われる現場に行ってみて、初めてわかることがきっとあるはずです。現場に通い、現場の声を聞き、現場の立場から、常識に従い考えてみると案外よいのではないでしょうか。

汗をかいて得た情報から、仕事に役立つアイデアが生まれるかもしれませんよ。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

ひとつの組織の中で満足せず、他流試合で成長を

2023.1.26

ひとつの組織の中で満足せず、他流試合で成長を

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 新山 龍馬
皆が共に生きられる、多様性のある社会を築こう

2023.1.19

皆が共に生きられる、多様性のある社会を築こう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 田中 ひかる
想像力を仕事のモチベーションに繋げよう

2023.1.12

想像力を仕事のモチベーションに繋げよう

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 大槻 晴海
無限にある書物の中から人生のワクワクを見つけよう

2022.12.22

無限にある書物の中から人生のワクワクを見つけよう

  • 明治大学 農学部 教授
  • 松下 浩幸
スムーズな思考に役立つ、「型」を身に付けよう

2022.12.15

スムーズな思考に役立つ、「型」を身に付けよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 脇本 竜太郎

新着記事

2023.01.26

ひとつの組織の中で満足せず、他流試合で成長を

2023.01.25

ロボットがやわらかくなると社会が変わる!?

2023.01.24

お金の形は進化する!?明治大学の先生とQuizKnockが考える、お金の未来

2023.01.20

「教職の危機」を超えて

2023.01.19

生き物と生き物じゃないものの境界線は?

人気記事ランキング

1

2023.01.20

「教職の危機」を超えて

2

2023.01.24

お金の形は進化する!?明治大学の先生とQuizKnockが考える、お金の…

3

2023.01.18

アナーキズムは、すべての人の、ひとりひとりの中にある

4

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

5

2023.01.25

ロボットがやわらかくなると社会が変わる!?

連載記事