明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

私が考える「次世代リーダーに必要な力」【5】

中村 孝博 中村 孝博 明治大学 農学部 准教授

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

多様化社会を生き抜く「国際力」と「継続力」を身につけろ

第一に必要なのが、明治大学も推進している「国際力」です。グローバル化の波は止められません。例えば、ある日本の会社の社長を想定すると、部下は日本人だけではなく、アジア諸国出身の人が多くなることでしょう。彼らについて理解するにはその文化的背景を理解することが重要です。国際力というのは、ただ外国語を話せればよいわけではなく、世界中の多くの人の文化や立場で物事を考えられるようになること。その力を育むためにも、小さな頃から友だちやクラスメイトなど、身近に外国の人と触れ合う機会を設けたいですね。

第二に「継続力」です。「Little things make big things happen(小さなことが大きなことを招く)」という言葉は、私が留学していたカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のバスケットボールチームの監督であったJohn Wooden氏(1910-2010)が残した言葉です。彼は選手としても有名でしたが、12年間のUCLA監督生活の中で10回も全国制覇を果たしました。その名将でも「小さなことの積み重ねこそが大事」と言っています。

また、若い人の心に留めて欲しいのが、常に20年先の自分を想像すること。いま20歳だったら、40歳のときにどういう立場で何をしていたいか。そのために、いま置かれている立場でできることを積み重ねていく。次世代のリーダーには、目先の欲に捉われない継続力を持った人物が相応しいと考えています。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 南後 由和
フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.7

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 湯淺 墾道
新しいことに挑戦し、自分のスタイルを確立しよう

2021.9.30

新しいことに挑戦し、自分のスタイルを確立しよう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 太田 勝造
“入口”の先の世界で自分の可能性を広げていこう

2021.9.28

“入口”の先の世界で自分の可能性を広げていこう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 若野 友一郎
挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.9.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 水野 誠

新着記事

2021.10.20

日本のマンガは、日本の人々を多面的に写し出してきた鏡である

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

4

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

5

2014.12.01

【特別号】箱根駅伝優勝を夢見て ―競走部に懸けた20年間の奮闘の軌…

リレーコラム