明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

私が考える「次世代リーダーに必要な力」【13】

明治大学 農学部 准教授 村上 周一郎

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

突破力と好奇心、これを繋ぎ合わせる想像力の引き出しをつくろう

たとえば、会社のリーダーを考えたとき、安定経営をしているだけでは時代についていけなくなるでしょう。事業家はある程度リスクを負いながらでも自分のやりたいことに挑戦しなくてはなりません。これに必要なのが突破力です。

また、イノベーションというのは自分の守備範囲だけで止まっていたら新しいものは生まれません。役に立つ、立たないに関わらず、いろいろなことに目を向けるという意味での好奇心が大切になります。一方、新しいものをつくる突破力を持っていても、市場のパイが少なければできることは限られてきます。そういう意味でも複数のものに興味を持って異分野のものを結びつけられるような想像力が重要です。

若い人は引き出しをたくさんつくってください。興味を抱けることであれば雑学でもいいのです。好奇心を持ちましょう。発想力があれば、そこから別のチャレンジやチャンスに繋がったり、企業内起業という形に結びつく可能性もあります。そういうことを実現できる人が次世代のリーダーになっていくと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#2 なぜ、世界では「シリコンバレーモデル」が成功しているの?

2019.1.18

#2 なぜ、世界では「シリコンバレーモデル」が成功しているの?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之
“大衆”に甘んじず、自ら考え、世界を広げよう

2019.1.17

“大衆”に甘んじず、自ら考え、世界を広げよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 星野 茂
#1 都市生活者に地方創生は関係あるの?

2019.1.15

#1 都市生活者に地方創生は関係あるの?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之
本の再読を通じて、むかしの自分に会いにいこう

2019.1.10

本の再読を通じて、むかしの自分に会いにいこう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 松尾 卓摩
自らの行動に責任が持てる、強い「個」を目指そう

2018.12.20

自らの行動に責任が持てる、強い「個」を目指そう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 西村 弥

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.01.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

2019.01.09

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2018.12.19

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

2018.12.05

明治維新には、多くの“西郷どん”たちの必死の努力の集約がある

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2019.01.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

5

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム