明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

私が考える「次世代リーダーに必要な力」【7】

明治大学 農学部 准教授 浅沼 成人

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

情報を自分の糧にし、視野を広げよ

一つ目は、「コミュニケーション能力」です。情報社会のいま、どんなに頑張っても人一人の容量は決まっています。覚えることよりも、活かせる情報と活かせない情報を判別し、それを集約し、自分の能力として活用できるかどうか。コミュニケーションを使って情報を収集し、うまく人を動かすことも大切です。

また、情報を使いこなすために必要なのが「思考能力」です。漫然と毎日を過ごすのではなく、常に物事を考えるようにしていると、ピンチのときでもこの経験が役立つ機会があるだろうと、前向きになれます。思考能力を鍛えることで、自己やチームの目標を的確かつ段階的に想定し、駆動力を生み出すことができるのです。

三つ目は「視野の広さ」。好きなことにだけ没頭するのではなく、興味のないことや苦手なことに対しても情報を集めたり、体験してみることが大事です。たとえば、昭和世代の人たちと社会人になりたての世代では仕事に対する感覚が違います。昭和世代が「自分たちの若い頃はこうだった」という視野しか持っていないと、新人のやる気を引き出すのは難しい。多様な情報を入手し、若い人の目線に立つことで人を動かしやすくなります。また若い世代も、上の世代の物事を俯瞰する能力など、良い点は良いと、お互いにリスペクトする姿勢を持ちましょう。こういう能力がないと次世代リーダーにはなれないと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#4 見せかけのCSRとは?

2020.7.14

#4 見せかけのCSRとは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
#3 CSRは企業の収益に繋がる?

2020.7.10

#3 CSRは企業の収益に繋がる?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
建築家の視点に立って相手のニーズを掘り下げよう

2020.7.9

建築家の視点に立って相手のニーズを掘り下げよう

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 青沼 君明
#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?

2020.7.7

#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
#1 企業の社会的責任とは?

2020.7.3

#1 企業の社会的責任とは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

人気記事ランキング

1

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

2

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム